image

(写真・神奈川新聞社)

 

小田急電鉄(東京都新宿区)は、2018年3月に予定するダイヤ改正から、朝の通勤時間帯に運転する特急ロマンスカーの愛称を「モーニングウェイ号」に決定した。午前9時30分ごろまでに新宿駅か東京メトロ千代田線大手町駅に到着する列車が対象。

 

同社は、愛称を公募していた。応募総数1万6,167件のうち、モーニングウェイ号は最多の567件。決定について「朝の通勤に座って快適な時間を過ごしていただけることが想起できる」「夕夜間に運転しているロマンスカー『ホームウェイ』号と対になり、分かりやすい」と同社。

 

小田急は複々線化完成に伴い、ダイヤ改正から平日朝の通勤時間帯に運転するロマンスカーの本数を4本増やし、11本にする。同社は「着席ニーズの高まりに対し、新たな愛称でより便利で快適な輸送サービスを提供する」としている。

関連タグ: