image

(写真・神奈川新聞社)

 

横須賀の町を浴衣姿で歩こうというイベント「ゆかた DE スカブラ」が29日に開かれるのを前に、かながわ信用金庫本店営業部(横須賀市大滝町)の女性職員らが26日、浴衣姿で仕事に取り組み、イベントをPRした。

 

4回目を迎えるスカブラは、横須賀中央地区の商店街活性化につなげようと、商店街店主らでつくる「ヨコスカダウンタウンクラブ」が同地区で開催。浴衣の無料レンタルや着付け(当日先着順)のほか、浴衣コンテストや盆踊りの練習会などが行われる。

 

職員は青やピンクなど色鮮やかな浴衣を着て、「週末にイベントが開かれます」と声を掛けながら接客。2年目の田中櫻穗さん(24)は「お客さんから『華やかできれい』と言ってもらえてうれしい。今日1日イベントをしっかりPRしたい」と笑顔で話していた。

関連タグ: