image

(写真・神奈川新聞社)

 

東京急行電鉄は30日、田園都市線(渋谷-中央林間)に導入する新型車両「2020系」を報道関係者に公開した。2018年春に10両編成を3本(計30両)導入し、順次拡大する予定。同線の新型車両導入は02年の5000系以来となる。

 

同社が展開する駅直結型商業ビルなどのデザインを手がける丹青社が、車両のデザインも監修。沿線の駅や街との親和性を高めた。車両の先頭形状は、丸みを帯びた柔らかみのある顔をイメージ。外装には、「美しい時代へ孵化(ふか)していく色」であるコンセプトカラー「インキュベーションホワイト」を採用した。

 

車内のインテリアは、若草色の座席や木目調の床など、緑豊かな沿線を想起させるものとなっている。機能面では、同社の車両で初めて空気清浄機を導入し快適性を向上。車いすやベビーカーを使っている乗客も乗りやすいフリースペースを全車両に設置することで、乗車できる人数も約4%増やした。車内の全照明と前照灯・尾灯には発光ダイオード(LED)を採用。旧型車両の8500系と比較して使用電力を約50%削減するなど環境にも配慮した。

 

安全面では車内に防犯カメラを設置し、車内犯罪行為防止につなげる。また新しい試みとして、車両機器の状態を常に監視できる大容量情報管理装置を導入。車両トラブル時の初動対応を迅速化させる。従来の数十倍も多くのデータを収集できるため、将来的には故障を未然に防ぐ対策にもつなげていく計画だ。