image

(写真・神奈川新聞)

 

東海道川崎宿2023まつり実行委員会が、創作三角おむすびのレシピコンテストの応募作品を2月28日まで募集している。川崎宿ができて400周年となる2023年を盛り上げようと、官民でつくる実行委が主催する。

 

おむすびのレシピは、三角形で約100グラム、ご飯や具材は問わない。川崎市外からの応募も可。

 

上位2作品は4月1日に稲毛公園(川崎)で開催される同まつりで調理業者が再現し、投票券付きで販売して勝者を決める。昨年は応募99点の中から、川崎ゆかりの芸術家・岡本太郎さんをモチーフに鶏肉と錦糸卵を使った高津区の主婦谷りりさんの「おむすびはバクハツだ。」が優勝した。

 

コンテストは、江戸時代に将軍・徳川吉宗一行が川崎宿に泊まった際、徳川家の葵(あおい)の御紋に見立てた三角むすびを三つ提供した、という言い伝えにちなんで毎年行われ、4回目。

 

実行委事務局は「ぜひ、味わい深い、川崎の名物おむすびを生み出してほしい」と呼び掛けている。詳細は川崎区のホームページ。問い合わせは、同区地域振興課まちづくり推進係電話044(201)3136。