image

(写真・神奈川新聞)

 

横浜・みなとみらい21(MM21)地区で保存公開されている帆船日本丸で27日、88回目の進水記念日を祝うイベントが行われる。船首からマストの頂点を通して船尾まで国際信号旗で飾り付ける満船飾を披露する。

 

同日は日本丸と横浜みなと博物館の入場料を無料にし、日本丸の乗船者のうち先着千人に日本丸の焼き印が入った餅を振る舞う。

 

同館では子ども向けクイズラリーを開くほか、88歳を迎えた人にポストカードをプレゼントする。日本丸メモリアルパークのステージでは正午と午後2時からの2回、「横浜見聞伝スター☆ジャン」のショーが披露される。

 

日本丸は1930年1月27日に神戸市の造船所で進水した。練習帆船として約1万1千人の日本船員を育てて84年に退役。横浜市が市民とともに誘致し、翌85年からMM21地区で保存されている。

 

問い合わせは、帆船日本丸記念財団・JTBコミュニケーションデザイン共同事業体電話045(221)0280。