image

(写真・神奈川新聞)

 

逗子市議会の毛呂武史市議が5日、同市議会の菊池俊一議長に辞職願を提出し、同日付で許可された。毛呂氏は強制わいせつ罪で横浜地裁から有罪判決を受け、控訴している。

 

本人から辞職についての理由説明はなかったという。辞職を受け、同市議会は定数18に対し欠員2になるが、市議補選は定数の6分の1を超える欠員を要するため行われない。会派構成に変更はない。