image

写真:神奈川新聞

 

市によると、市は2014度から2年間にわたるHPのリニューアル業務を東京都千代田区の業者に委託し、14年度の設計費と15年度のシステム開発費の一部の計7965万円を業者に支払った。だが、開発中に技術的な問題が発生し、16年3月の期限までにリニューアルできず、市は同年10月に契約を解除。17年3月には、業者に支払済み代金の返還など計約1億7212万円を求める訴訟を横浜地裁に起こしていた。

 

今年2月に地裁が和解案を提示。和解金の内訳は15年度のシステム開発費の一部4233万円と調整金319万円で、設計費分は市が成果物を受け取ったなどとして含まれていないという。

 

市は「公正中立な立場である裁判所からの和解案を重く受け止めた」とし、裁判の長期化による経費増の可能性なども考慮し「最善の選択だと判断した」と説明している。HPのリニューアルは現在は別の業者が手がけており、19年4月に公開する見通し。