image

(写真 神奈川新聞)

 

日産自動車(横浜市西区)は5日、小型車「ノート」が2017年度のコンパクトセグメント(総排気量1600cc以下の小型・普通乗用車)の国内販売でトップを獲得したと発表した。日産車が同セグメントで年間首位を獲得したのは、1997年の「マーチ」以来20年ぶり。

 

ノートは17年暦年でも同セグメントの国内販売1位を獲得している。

17年度のノートの国内販売台数は前年比5・8%増の13万1119台。16年11月に発売した独自のパワートレイン「e-POWER(イーパワー)」を搭載した新型のヒットが貢献した。日産によると、ノート購入者の約7割がイーパワー搭載車を選択しているという。