image

(写真・神奈川新聞)

 

相鉄グループの相鉄アーバンクリエイツ(横浜市西区)と相鉄ビルマネジメント(同)は25日、相鉄線二俣川駅直結の新商業施設「ジョイナステラス二俣川」(同市旭区)の内覧会を開いた。開業は27日。スーパーマーケットや人気の高い衣料品、雑貨など約90店舗を誘致した。沿線住民や会社員の利用を見込む。

 

ジョイナステラス二俣川は複合施設「コプレ二俣川」の商業業務棟2~5階と、二俣川駅舎ビル2~4階とで構成する。

 

駅改札と同じフロアの2階は、そうてつローゼンがオープン。低糖質と減塩の商品を集めたコーナーを設けたり、小売りでは初めて「かながわ鶏」を提供。地元の生鮮なども並べる。終電後の午前1時半まで営業し、ファミリー層やシニア世代など幅広く集客を狙う。食料品専門店もある。

 

3、4階はユニクロや無印良品などファッション、雑貨があるほか、子どもが遊べるスペース、レストランが入る。5階はくまざわ書店と保育園などを設置。6階は屋上広場となる。

 

相鉄線はJR線、東急線との相互直通運転を計画。都心へのアクセス向上で、中核駅と位置付ける二俣川駅周辺の活性化を期待する。担当者は「沿線の中核としての役割を果たせれば。地元密着の施設を目指す」と話した。

 

5月31日まで対象店舗で3千円以上購入すると、抽選で旅行券や家電が当たるオープニングプレゼントキャンペーンを行う。