image
(写真・琉球新報社)

非常に強い台風18号は3日午前6時現在、沖縄の南を時速25キロで北北西へ進んでいる。沖縄気象台は午前6時11分に沖縄本島と久米島地方に暴風警報を発表した。きょう昼すぎには暴風域に入る見通し。4日朝から昼前にかけて暴風域を抜ける。進路が西寄りにずれた場合は宮古島も3日夕方に暴風域に入る恐れがある。沖縄本島と久米島地方には3日午前0時17分に波浪警報が発表されていて、現在も継続している。

 

中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 

気象庁によると3日、沖縄本島地方や奄美地方では次第に風が強まり、猛烈な風が吹く見込み。最大瞬間風速は沖縄地方で65メートル、奄美地方で45メートルを予想している。波の高さは沖縄地方10メートル、奄美地方8メートル。

 

また同日昼すぎから4日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る。沖縄本島地方では局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降る可能性がある。3日午前6じからの24時間降水量は沖縄地方で200ミリ、九州南部と奄美地方で150ミリを予想している。

 

沖縄気象台によると、台風18号は依然高温となっている海面水温の影響を受けるため、さらに発達する可能性もあるという。中心気圧が910ヘクトパスカルに達したとき、中心の最大風速が60メートルを超えた場合は特別警報を発表する可能性もある。【琉球新報電子版】

 

 

関連タグ: