image

(写真:琉球新報社)

 

女子プロゴルフのLPGAツアー開幕戦・第30回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントが2日、南城市の琉球GC(6617ヤード、パー72)で開幕した。県勢の大城さつきが3アンダーの69で回り単独首位に立った。大城に5打差の2オーバー74で6年ぶり出場の宮里藍、上原彩子、アマの新垣比菜が13位に並んでいる。


この日は徐々に強まった風の中、注目の顔合わせとなった宮里と新垣、諸見里しのぶの組がひときわ大勢のギャラリーを引き連れて回った。会場には3200人(昨年比560人増)が詰め掛けた。 


福岡県太宰府市から訪れた新垣ファンの男性(64)は、宮里や諸見里と互角に戦った新垣のプレーを「見応えがあった。大したもんです」とたたえた。決勝進出を懸けた予選2日目は3日午前8時半から行う。

関連タグ: