image

小冊子や沖縄市オリジナルの婚姻届をアピールする市民課職員ら=沖縄市役所

 

【沖縄】沖縄市は、婚姻届の書き方や必要な手続きについてまとめた冊子「にーびちぐすーじさびらBOOK」を作成した。7月から市役所窓口で受け取ることができる。

 

「にーびちぐすーじさびら」は「ご結婚をお祝いしましょう」との意味。国指定伝統工芸品の知花花織の柄をあしらったオリジナル婚姻届も導入し、結婚記念証を配布するなどのサービスも開始した。手続きを分かりやすくすることに合わせ、市としても新たな門出を祝福するとの思いを込めた。

 

冊子は、書類の記入例、よくある質問への回答例を載せた。婚姻届以外に本人確認ができる書類や印鑑が必要なこと、国際結婚の場合に必要な対応なども掲載している。婚姻手続きに関する冊子の作成は県内自治体で初めてだという。

市役所市民課の森口まり課長は「沖縄市の場合、外国人の方との結婚も多い。窓口で引き続き丁寧に説明するが、読んでいただければ手続きがスムーズにいくと思う」と話した。

知花花織の柄をモチーフにしたオリジナルの婚姻届は、冊子にも差し込まれており、すぐに記入できるようにしてある。長い伝統を持つ花織を婚姻届にあしらうことで、末永い幸せを表した。また、出生届を提出すると誕生記念証を配布するサービスも始めた。