image

国王と王妃を御轎椅に乗せ、通りを練り歩く琉球王朝絵巻行列 =5日午後、那覇市の国際通り

 

首里城祭(主催・同実行委員会、共催・首里振興会、琉球新報社)最終日の5日午後、那覇市の国際通りで「琉球王朝絵巻行列」が行われた。色鮮やかな衣装に身を包んだ国王・王妃の行列を一大絵巻で再現し、買い物客や観光客でにぎわう国際通りが華やかな雰囲気に包まれた。

 

行列は、「御轎椅(うちゅうい)」と呼ばれるみこしに乗った国王・王妃を先頭に、中国皇帝の使節団「冊封使(さっぷうし)」、伝統芸能団が続き、総勢約700人が壮観な世界を繰り広げた。琉球王朝時代がよみがえったかのような空気が広がり、観客らは歴史ロマンに浸っていた。

 

沿道で見つめた那覇市首里に住む我部エルバさん(59)は「新しい国王・王妃を見るのを毎年楽しみにしている。今年は去年に比べ、楽器が増えているように感じた。歴史のある町に住んでいることを改めて感じた」と話した。