image

うちな~いい肉の日イベントで、あぐー豚の丸焼きを切り分けるスタッフ=29日、糸満市のJAおきなわファーマーズマーケット

 

語呂合わせで「うちな~いい肉の日」の11月29日、県産食肉や鶏卵、牛乳の消費拡大を目指すイベントが糸満市のファーマーズマーケットいとまん・うまんちゅ市場で開かれた。あぐー豚の丸焼きなどが振る舞われ、多くの人出でにぎわいを見せた。

 

主催した県産食肉等消費拡大推進協議会の大城勉会長(JAおきなわ理事長)は「県内で生産された畜産品をおいしく食べてほしい。畜産振興にもつながる」と呼び掛けた。

 

うるま市から訪れた赤嶺弘子さんは「県産豚肉は軟らかく、おでんやシブイのスープに入れておいしく食べている。あぐー豚の丸焼きはジューシーだが思ったより脂っこくない」と舌鼓を打った。