(写真・神奈川新聞)

 

箱根町は5日、2017年の入り込み観光客数が3年ぶりに2千万人を突破した、と発表した。箱根山・大涌谷周辺の火山活動が活発して以降、初の大台回復。大型宿泊施設オープンが相次ぎ、過去最高を更新した外国人観光客数も後押しした。

 

山口昇士町長は「国際観光地・箱根の復活を印象付ける結果。官民と地域が一体となり、“オール箱根”態勢で、観光経済のさらなる拡大・発展に努めていきたい」とコメントした。

 

17年の入り込み観光客数は、前年比10%増の約2152万人。内訳は、宿泊客が約469万4千人(前年比8・2%増)、日帰り客が約1682万6千人(同10・5%増)。月別では、3、5、8、11月に200万人を超えた。大型宿泊施設が新たに4軒オープンしたこともあり、最高を記録した1991年の約2247万4千人に迫る数字となった。

 

また、外国人観光客は約54万6千人(同18%増)で、13年から5年連続で過去最高を更新。町は、オーストラリアやベトナムを中心に海外での誘致活動が奏功し、全国の観光地と同様、箱根でも訪日外国人客(インバウンド)が増えたと分析する。

 

一方で、「ハイシーズンに観光客がこれ以上増えても、渋滞悪化など、マイナスイメージが強まってしまう」とし、町は1、2、6、12月の閑散期に誘導し、観光客数を平準化することを検討している。

関連タグ: