満開に咲いたランを囲む崎原永吉さん(右端)と妻のキヨさん(右から2人目)=与那国町の崎原さん宅

 

【与那国】沖縄県与那国町の崎原永吉さん(91)の自宅の庭で、ユリ、バラ、ラン、ブーゲンビリアなど、季節に応じて色とりどりの花を咲かせている。一緒に住む孫は「おじいちゃんは、おばあちゃんのことが大好きで、とても大事にしている。器用で花咲かじいさんみたいだなって思う」と笑顔で話す。おばあちゃんとはキヨさん(92)のことだ。

 

花を育てるきっかけは、孫が職場から持ち帰ったラン。花が散ったランの鉢を、永吉さんが「ランが好きだし育てるの上手だから」と持ち帰り、咲かせた。

 

キヨさんは家ではベッドで過ごすことが多く移動には車いすが欠かせないといい、永吉さんは「見せて喜ばせようと思ったが、ここまで満開になるとは思っていなかった」と話す。キヨさんも「毎日咲いているのを見ると、いい気持ちでデイサービスに行ける。じいちゃん、ありがとう」と話す。

 

永吉さんの1日は、午前3時ごろ起床、筋トレから始まる。朝食後、キヨさんの髪のセットをしたら、デイサービスへ見送る。その後は庭の手入れなどをし、キヨさんの帰宅を待って2人で茶を飲み、夕飯、就寝が日課だ。

 

永吉さんは「花が好きなばあちゃんに喜んでもらうために、頑張る」と話す。永吉さんとキヨさんの仲むつまじい様子を見ながら同居する孫には、2人は憧れの夫婦像として映っているようだ。
(村松友紀通信員)

関連タグ: