海中道路の片側車線を規制し、昭和に作られた自動車で右側通行を再現した「730大作戦」のオールドカーパレード=29日午後2時25分ごろ、うるま市の海中道路(又吉康秀撮影)

 

1978年に沖縄県内の自動車通行が右側から左側に変わった「730(ナナサンマル)」から30日で40年。うるま市の海中道路では29日、旧車を愛する有志でつくる実行委員会による「730大作戦」が行われ、40年前の交通方法「車は右」を再現した。

 

63年の日産セドリックや73年の日産スカイラインを先頭に、愛好家をうならせる名車計70台が約2キロをゆっくりと走行した。当時県内のバス全社が購入した通称「730バス」で現存する2台のうち、沖縄バスの1台も加わり、多くの見物客を沸かせた。

関連タグ: