ブエノチキンの味を全国で!サラダチキンになって登場 沖縄ファミマ、県内は30日発売
全国のファミリーマートで販売するサラダチキンのブエノチキン味(沖縄ファミリーマート提供)

 

沖縄ファミリーマート(那覇市、野崎真人社長)は、プリマハム(東京都)と連携して開発した「サラダチキンブエノチキン味」を全国販売する。商品化に当たりブエノチキン浦添(浅野朝子代表)とブエノチキン普天間店(伊佐常大代表)の監修を受けた。30日から県内全店舗、5月14日からは全国1万6千店舗で商品を展開し、2カ月で21万個(県内2万個)の販売を目指す。

 

同社によるとサラダチキンは国産鶏を蒸して柔らかく仕上げているが、ブエノチキンは県産のやんばる若鶏を丸焼きにしており、製法が異なるため味を近づけるのに苦労したという。浅野代表は「半年以上かけて7回試作し、だいぶ店の味に近づいた。自慢の味なので、ぜひコンビニの商品と店の味と食べ比べてほしい」とPRした。

 

沖縄ファミリーマート広報・マーケティング室の宮里直樹課長は「当初は県内限定発売の予定だったが、県外のバイヤーの評判がよく全国発売することになった。地元企業と連携した商品開発をすることで、沖縄のPRにもつなげたい」と話した。

 

商品は税込み258円で110グラム。今回、数量限定の販売だが売れ行き次第で販売を継続する可能性もあるという。沖縄ファミリーマートは2018年7月にもブエノチキンとコラボしたポテトチップスを販売しており、今後も連携を検討している。

関連カテゴリー:
関連タグ: