警察署で安心して子育てを 24時間体制で見守っているのは…メジロ
ひなに餌を与えるメジロ。警察官らが見守る中、子育てに励んでいる=22日、糸満警察署(豊浜由紀子撮影)

 

【糸満】警察署で安心し子育て―。糸満署(金城和郎署長)の玄関脇にあるクロキにメジロが巣を作り、ひな3羽の子育てに励んでいる。親メジロは、一日に何度もけなげに餌を運んでいる。署員らはひなの成長を気に掛け、巣を“巡回”している。

 

メジロの巣は18日、署員が樹木の刈り込みをしている際に発見した。プラスチックの破片などで作られた鳥の巣で、最初は空だと思ったが、中に小さなひなが3羽いたという。

 

巣は玄関脇にあり、ちょうど当直の目の前。警察官による24時間体制の見守りに「ちゃんと考えてここに作ったのかな」と宮城和彦副署長。巣立ちまでクロキの刈り込みはせず、温かく見守るそうだ。

関連カテゴリー:
関連タグ: