大学生一人で切り盛りする焼き菓子屋さん 高3で一念発起!開店から1年
「はらぺこBoxちゅる」を一人で切り盛りする古波津のえるさん=5月20日、宜野湾市普天間

 

【宜野湾】宜野湾市普天間にある焼き菓子屋「はらぺこBoxちゅる」が開店1周年を迎えた。切り盛りするのは、普天間で生まれ育った沖縄国際大学2年の古波津のえるさん(20)。「地元への恩返しを兼ねて、誰かに幸せをあげることをお店でやりたい」と夢を描く。

 

店がある場所には元々別の飲食店が入っていた。なじみの店だったが閉店を聞いた当時普天間高校3年ののえるさんが「店をやって、いろんな人に出会いたい」との思いから一念発起した。姉・千百合(ちゆり)さん(23)と姉の彼氏・岸本忠也(ちゅうや)さん(25)を誘い開店準備を進めた。3人の名を1文字取り「ちゅる」とし、昨年5月12日に営業を開始した。

 

姉らは就職などで別の道に進み、現在はのえるさん一人で営む。当初は車の免許がなくバスで大学と店を行き来したり、深夜まで菓子を仕込んだりと苦労した。今も授業の合間に店の準備で大忙しだ。

 

店では子どもの時から趣味で作っていたクッキーやスコーン、シフォンケーキなどの注文を受けて販売している。駄菓子もあり、小学校が終わった子どもたちや親子が訪れ、常連客もいるという。「すぐつぶれると思ったけど意外と続いている」と笑う。今後はパティシエになりたい子どもにケーキを作らせて販売するなど「子どもの夢を応援し、かなえる場所にしたい」と話す。

 

店は火と水曜が定休。月、木、金、土が午後3~7時、日曜が午後1~7時営業。夏はかき氷も販売する。住所は普天間1の7の3。予約などの問い合わせは(電話)070(3800)4005。

関連カテゴリー:
関連タグ: