まるでバラのような香り 沖縄・名護市でフートーが実る
フートー(和名フトモモ)

 

【名護】山林の谷間や川沿いでよく見られるフートー(和名フトモモ)が沖縄県名護市内で甘い香りを放ち実った。花は白色で径3センチほど、5月ごろ開花した。7、8月になると果実が熟する。かつてやんばるの少年たちは森に入り懸命に果実を採ったものだ。

 

果実は英語でローズアップル。ビワのようで味は薄いがバラの香りがいい。和名は中国名プータオ(蒲桃)が沖縄でフートーに、そしてフトモモに転訛(てんか)。フトモモ科。(幸地光男通信員)

関連カテゴリー:
関連タグ: