米軍ヘリから窓が落下 沖縄本島の東海上に 普天間所属のCH53
米軍普天間飛行場所属のCH53ヘリコプター

 

27日午後5時30分ごろ、米軍普天間飛行場所属のCH53ヘリコプターからプラスチック製の窓が沖縄本島の東海上約8キロに落下したことが29日、分かった。沖縄防衛局が29日午後、沖縄県、北谷町、沖縄市、嘉手納町などに連絡した。米軍から日本政府への連絡は28日だった。

 

防衛省によると、落下した窓は縦58センチ、横47センチで、重さは約1キロ。機体後方にある貨物室に付いている窓とみられる。けが人などの情報はない。CH53ヘリは2017年12月には普天間第二小学校の校庭に窓を落下させている。【琉球新報電子版】

関連カテゴリー:
関連タグ: