10坪の小さな店のお菓子がおやつ日本一に 宜野湾「pippi」の「おきなわ生コルネ」
おきなわ生コルネ

 

【東京】厳選された全国各地のお菓子の出来栄えを来場者の投票で競う「第10回ニッポン全国ご当地おやつランキング」の表彰式が24日、東京都のサンシャインシティで開かれ、宜野湾市の「コルネとサンドのお店pippi」(宮國恵将代表)が開発した「おきなわ生コルネ」がグランプリを獲得した。パイ生地を筒状に焼き上げ、県産フルーツ中心のクリームを入れたオリジナルスイーツだ。

 

宮國さんは「2013年に二人三脚で始めた10坪の小さな店の商品が全国1位となり、うれしい」と語った。

 

おやつランキングは全国商工会連合会が22~24日に開いた「ニッポン全国物産展2019」の一環で行われた。今回は全国から44品が出品し、県勢のグランプリは3度目となる。

 

受賞作品は、クリームに「宮古島塩キャラメル」を使ってエントリーした。

関連カテゴリー:
関連タグ: