琉銀装い、SMSに詐欺メール 偽造画面に誘導、IDとパスワード入力させる 被害5件、479万円確認

 

琉球銀行を装い、ショートメッセージサービス(SMS)を使ってインターネットバンキングのIDやパスワードなどを入力させ、不正に個人情報を入手する詐欺が18日までに確認されている。同行によると同日午後5時半現在、不正送金の被害が5件確認され、被害総額は479万8千円に上る。

 

文面には「お客さまがご利用の口座が不正利用されている可能性があります」などと書かれており、同行のホームページ(HP)を装ったURLが記載されている。URLをクリックするとネットバンキングのIDやパスワードを入力する偽造画面が表示される。

 

同行はHPで「SMS、電子メールでインターネットバンキングのID、パスワードを入力させることはありません」として注意喚起している。

関連カテゴリー:
関連タグ: