ホームラン多く打って恩返し 首里城再建で山川選手が寄付 那覇市にファンのも合わせ560万円
城間幹子市長(右)に目録を手渡す山川穂高選手=10日、那覇市役所

 

プロ野球埼玉西部ライオンズの山川穂高選手が10日、那覇市役所を訪れ、首里城再建に向け自身とファンからの寄付金計約560万5千円の目録を、城間幹子市長に手渡した。山川選手は「火災後すぐに『力になりたい』と関係者に連絡した。僕がもっと活躍すれば、沖縄の皆さんの力になれると思う。これからも頑張りたい」と話した。

 

寄付金の内訳は自身からが500万円で、ファンからが約60万円。ファンからの寄付金は昨年11月のファン感謝祭で託された。どちらも昨年、市に入金された。

 

城間市長は「那覇市出身で(首里城近くの)城北中学校出身なので強い思いがあると受け止めている。沖縄への思いが原動力となって活躍されることを願っている。首里城の再建を見守っていてほしい。那覇市も頑張る」と感謝した。

 

訪問後、山川選手は報道陣に対し、首里城火災について「言葉が出なかった。首里城の周囲で遊んでいたので、昔のことも思い出してショックを受けた。練習にも身が入らないくらいだった」と振り返った。さらに「沖縄や首里を代表しているという思いがあるので、僕が真っ先に動くべきだと思った。苦しいことがあった時は沖縄のことを考える。恩返しとして去年より多くホームランを打ちたい」と語った。【琉球新報電子版】

関連カテゴリー: