沖縄の在来豚アグーを隔離移転へ 政府が検討 豚コレラ感染から守る狙い
会見でアグーの隔離移転を検討していることを明らかにした江藤拓農相=14日午前、東京都の農林水産省

 

江藤拓農相は14日午前の会見で、沖縄県での豚コレラ(CSF)発生を受け、沖縄の在来豚・アグーの種豚を隔離し移転することを検討していると明らかにした。県外への移動は家畜伝染病予防法上難しいとみられ、移動先は養豚農家がいなく豚コレラが広まる可能性が低い県内の離島が検討されているとみられる。江藤農相は「移動に関する費用や施設は国が全額助成したい」とし、県と議論を進める考えを示した。

 

豚コレラの感染が拡大するれば、アグーなど種豚の保存に影響を与えかねない。江藤農相はアグーを巡る歴史に言及しながら「大切な沖縄の固有種といっていい」とし、種を保存する重要性を強調した。【琉球新報電子版】

関連カテゴリー:
関連タグ: