モンパチ、ISSA、西武の山川も参加 SNSで広がる「#うたつなぎ」

 

新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛が続く中、沖縄県出身のアーティストやスポーツ選手らがSNSを通じて“つながる”動きが広がっている。

 

先月31日、京都出身のロックバンドのボーカリスト・ISATOさんから始まった「#うたつなぎ」は、思い思いの歌をツイッターなどSNSにアップロードし、次の人を指名する。県出身のアーティストにもバトンは渡り、かりゆし58の宮平直樹さんからモンゴル800の上江洌清作さんとORANGE RANGE(オレンジレンジ)のHIROKIさんへとつながった。

 

さらに、バトンは歌手の大黒摩季さんへと渡り、「DA PUMP」のISSAさんからMAXのNANAさんへ。ライブハウスの自粛などを求められる状況下で歌に希望を託そうとインディーズから著名なアーティストまで広がっている。

 

ソフトバンクの松田宣浩内野手は、おなじみの本塁打後のパフォーマンス「熱男」ポーズの「熱男リレー」をインスタグラムで10日に開始。同チームの東浜巨投手や西武の山川穂高内野手も参加しつながっている。

 

このほか国連WFP日本大使も務めるモデルで女優の知花くららさんは、自宅でできるトレーニングの動画を紹介している。

関連カテゴリー: