台風9号、昼過ぎにも沖縄本島と宮古を暴風に あす早朝に久米島直近か【8月31日午前】
31日午前6時現在の台風9号の様子(ひまわりリアルタイムWebから)

 

沖縄気象台によると、強い台風9号は発達しながら北上し、31日から9月1日にかけて非常に強い勢力で沖縄地方に接近する見込み。一部の家屋が倒壊するレベルの猛烈な風が吹く可能性があるとして、気象台は厳重な警戒と早めの対策を呼び掛けた。気象台によると、最接近は本島地方と宮古島地方、八重山地方が1日未明から明け方になる見通し。31日昼過ぎには宮古島地方、本島中南部、久米島、同夕には本島北部地方で暴風警報が発表される可能性がある。

 

台風9号の影響で、31日に県内を発着する航空便は少なくとも154便の欠航が決まった。沖縄旅客船協会によると、30日は海の便で6便が欠航した。31日は少なくとも5便の欠航が決まっている。
31日午前9時現在、台風9号は沖縄の南にあり1時間に30キロの速さで北に進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径150キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。31日午後3時には那覇市の南約280キロ付近に達し、中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルになる見込み。1日午前6時には、台風の中心は久米島のほぼ直近に達する恐れがある。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルが予想されている。

 

31日に予想される最大風速は、本島中南部と久米島で35メートル(最大瞬間風速50メートル)、宮古島地方で27メートル(同40メートル)、八重山地方で23メートル(同35メートル)、大東島地方で20メートル(同30メートル)になる見通し。

 

気象台によると、風速35メートルを超えると電柱や街灯などが倒れ、ブロック壁が倒壊するおそれがある。気象台は風や雨が強まる前の明るいうちに外に置いてある飛ばされやすい物を家の中に入れる、頑丈な建物の中に移動して窓から離れるなどの対策を呼び掛けている。

 

1日午後6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、本島地方で200~300ミリ、宮古島地方、八重山地方で150ミリとなる見込み。
波はうねりを伴って高くなり、31日には本島地方で13メートル、宮古島地方は9メートル、八重山地方は7メートル、大東島地方は8メートルとなる見込み。

関連カテゴリー:
関連タグ: