逃走ヤギ、未明の“逮捕劇” 現場は沖縄のコンビニ駐車場 警察官に唾かけ抵抗
ヤギの「ウッディ」と捕獲した大嶺俊人巡査 =12日午前、与那原署

 

12日午前0時ごろ、沖縄県与那原町内のコンビニエンスストアから「駐車場にヤギが迷い込んでいる」と与那原署に通報があった。同署の新垣尚巡査部長と大嶺俊人巡査が駆け付け、現場にいるヤギを確認した。激しく抵抗されながらも2人はヤギを取り押さえ、同署まで「連行」した。捕獲されたのは新垣善之さん(41)=南風原町=が飼っているヤギで、同日中に引き渡された。

 

飼い主の新垣さんによると、ヤギの名前は「ウッディ」で2歳の雄。茶色い毛並みが特徴だ。頭を打ち付けるなどして畑の金網を曲げて、スペースをつくり逃走したという。

 

新垣さんは「3カ月ぐらい前にも逃げ出して警察に捕獲されたことがあったので、与那原署に連絡した。保護されていて良かった」と署に感謝した。同署の大嶺巡査は「唾をかけられたが、無事に捕獲できた」とほっとした様子だった。

 

新垣さんは今後、畑の金網を強化して、ウッディの逃走防止策を強化する考えだ。
(長嶺晃太朗)

関連カテゴリー:
関連タグ: