沖縄の職業別コロナ感染、最多は飲食従業員 高山医師「高リスク業種に接種拡大が必要」
画像を見る

沖縄県の新型コロナウイルス専門家会議委員の高山義浩医師(県立中部病院)は23日、厚労省の専門家会合で、県内の職業別感染者数を報告した。飲食店従業員が1381人と最多で、夏場などにマスク着用が難しい建設従事者や、身体的接触の多い医療従事者や介護従事者が続いた。   高山医師はワクチン接種を早めに受ける対象について「医療従事者や高齢者に続いて、不特定多...

【関連画像】

関連カテゴリー: