ジャスティン・ビーバー、アンネの家での”暴言”に全世界から非難の嵐

投稿日: 2013年04月15日 00:00 JST

image

Facebook / Anne Frank House

第二次大戦中、ユダヤ人強制収容所で命を落としたアンネ・フランク。彼女が生前、ナチスによる迫害から逃れて身を隠していたオランダ・アムステルダムの家は現在、博物館として解放されており、多くの訪問客が訪れている。オランダ時間6日には、現地でライブの予定があるジャスティン・ビーバー(19)もやってきたようだ。その様子は「アンネ・フランクの家(Anne Frank House)」のオフィシャルFacebookにポストされたが、ビーバーがゲストブックに書き込んだ内容が「あまりにもひどすぎる」と世界中から非難されている。

ビーバーは大勢の友人とボディガードと共に来館。彼を一目見ようと詰めかけた大勢のファンが建物を取り囲む中、約1時間余りを館内で過ごした。そして、誰でも書き込めるゲストブックにビーバーはこう書き込んだ。

「ここに来ることができて本当に感動しています。アンネは偉大な少女でした。彼女も僕のファンになってくれたらいいのにな(Hopefully she would have been a belieber.)」

「belieber」とはジャスティン・ビーバーの熱狂的なファンを指す造語だ。この最後の一文が、全世界のアンネファンの逆鱗に触れた。

「なんて傲慢だ」
「皮相浅薄で呆れる」
「彼女は歴史的に重要な人物だ。何がファンだ。敬意を払え」
「彼が行ってくれたのは嬉しいけど、最後の一文はあまりにも利己的だ。アンネについて何も学んでいない」
「19歳にもなって他に言うことないわけ?アンネの家が何を伝えようとしているか、この
オバカさんには絶対理解できないわね」
「もしアンネが生きていたとしても、絶対おまえのファンになんかなってないね」
「私は戦争中に生まれ、いつも飢えていた。彼が何も理解していないということに驚きはしない。でも、もし戦争がなかったとして、アンネが無事に生きていたとしても、このジャスティン某のファンにはなってはいないだろうね。あり得ない」

などなど、あらゆる世代の人々が彼の軽はずみな発言に怒りを表明している。

最近何かとトラブル続きのビーバーだが、ここへ来てまたいらぬ不興を買ってしまった。せめて、「belieber」たちには愛想を尽かされぬよう気をつけてもらいたいものだ。

【関連記事】

元祖ディズニーアイドルのアネット・ファニセロが死去

マイケル・ジャクソン、生前は「銃撃」に怯えていた…自称"ゲイの恋人"が証言
ティッシュを食べるモデルも…元VOGUE編集者がファッション業界の過酷な実態明かす

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング