三浦で「屋根なしバス」運行 半島の魅力、開放的に体感を

投稿日: 2017年10月06日 13:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

三浦半島の魅力を体感してもらおうと、京浜急行電鉄は5日、屋根のない2階建てバス「オープントップバス」の運行を三浦市内で始めた。京急線三崎口駅から城ケ島まで観光用に走行し、ガイドがスポットの魅力や歴史を紹介。開放感あふれる空間で、約3.5メートルの高さから市内の風景を楽しめる。

 

同社が2009年から販売する往復乗車券と食事券などがセットになった「みさきまぐろきっぷ」のリニューアルに合わせた運行開始で、バスはきっぷのレジャー施設利用券を使うと乗車できる。城ケ島で降車する片道コース2便(午前10時半~、午後0時半~)と、城ケ島を経由して周遊するコース1便(午後3時~)の1日3便を運行する。

 

片道コースは約30分かけて、畑や岩堂山、風車を眺められるルートを回り城ケ島まで向かう。周遊コースは約1時間で、三崎魚市場やマリーナなどの前も通り三崎口駅に戻る。

 

各回先着順で、2階のみの42席。三浦半島を熟知したガイドが同乗して見どころを案内。市内で野菜栽培が盛んであることや、城ケ島がガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で二つ星を獲得したことなどを紹介する。

 

同日、三崎口駅前で行われた記念式典では、原田一之社長が「三浦の観光活性化の一助になればと取り組んだ」とあいさつした。

 

観光で訪れた京都市の主婦吉岡康江さん(68)は「(片道コースの)30分はあっという間。海や畑など景色を堪能できた。ガイドもあり、三浦のことがよく分かった」と話していた。

 

同日、乗客の受け付けや待合室となる案内所が駅前にオープン。雨天、荒天時は運休。料金など問い合わせは、京急ご案内センター・電話045(441)0999。

【関連記事】

電車で結婚式、同窓会… 京浜急行電鉄が「貸切イベント列車」販売

京急「まぐろきっぷ」新装 エリア、利用店広がる
集合♪半島の「虫の音」観音崎自然博物館で展示

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング