image
(写真・AFLO)

年末の紅白歌合戦出演が話題を呼んだ羽生結弦(21)。その直前、本誌は仙台市にある羽生の母・由美さんの実家を訪れていた。

 

例年、羽生一家はこの母方の祖父宅で正月を過ごしてきたという。昼下がり、自宅前で祖父に話を聞いた。「取材は受けられない」と言いながらも、孫の活躍について聞くと嬉しそうな表情を見せた。

 

――羽生選手は、こちらで迎えるお正月を楽しみにしているそうですが?

 

「ゆづは、大晦日の『紅白歌合戦』に審査員ですからね。元日は、こっちには来られないでしょう」

 

だが、9日のチャリティイベントは東北・岩手で行われる。その前後には、久々の再会を果たすことだろう。

 

――お年玉は用意されているのでしょうか?

 

「ゆづはもう21歳ですからね。さすがにあげないですよ(笑)」

 

最後に「羽生選手はおじいさん似ですね」と声を掛けると、祖父はいかにも嬉しそうに相好を崩していた。

 

世界も驚く絶対王者となった羽生。祖父もさぞかし喜んでいることだろう――。