高橋大輔トレーナーが明かす「クリスマスの夜に復活宣言を」

「これまでとは違う、新しい高橋大輔を見せたい」

 

4年のブランクを経て“闘いのリンク”に戻った高橋大輔選手(32)。復帰会見で目標に掲げたのが、全日本フィギュアスケート選手権(12月20日~24日・大阪)の上位6人、最終組に残ることだった。専属トレーナーの渡部文緒さん(44)はこう振り返る。

 

「復帰後に初めて、大輔の滑りを見たり、筋肉を触ってみたときは、正直かなり厳しいなと思いました。でも、この1年、大輔は泥くさく、ひたむきに頑張ってきたのです」(渡部さん・以下同)

 

渡部さんは、高橋が19歳だったときから専属トレーナーとして、トレーニングメニューを考えるだけでなく、体のケア、ウオーミングアップなどをサポートしてきた。

 

シーズン全休となった’08年の大けがや、’10年のバンクーバー五輪の銅メダルなど、どん底と絶頂をすべて共にしてきた戦友だ。

 

’14年のソチ五輪後に現役を引退し、キャスターやダンサーとして活躍していた高橋が、渡部さんに現役復帰を告げたのは、ちょうど1年前。’17年の全日本選手権の会場だった。

 

「キャスターとして来ていた大輔と、会場のトイレで偶然再会したんです。そこで、大輔がいきなり『戻ろうと思っているんだよね』と言ったんです。僕に感想を求めるわけでもなく、決意はすでに固まっているように感じました」

 

渡部さんは突然のことに驚き、「2度聞きどころか、3度聞き直した」という。

 

「引退直後は『大輔はまだできるんじゃないか』と思っていましたが、彼自身も燃え尽きてしまったようだし、その後、若い選手が活躍していくのを見て、もう競技は難しいかもしれないと考えるようになっていましたから……。その日は、たまたまクリスマスだったんですが、互いに予定が空いていて(笑)。男2人で晩ごはんを食べながら、復帰に向けた話し合いをすることになりました」

 

全日本フィギュア選手権の切符を得るには、トップ選手時代には免除された地方予選から出場しなければならない。しかし、スケートができる喜びに比べたら、そんなことは苦でもなんでもなかった。

 

「復帰戦となった10月の近畿選手権の会場の更衣室は、狭い部屋でした。それでも楽しそうにしていました。試合後、『自分の滑りができない、ボロボロだった』と本人は語っていましたが、どこか充実感があったようです。次戦の西日本大会でも、ひと回りも若い選手ばかりのなか、実績のある大輔はもっと堂々としてもいいはずなのに、控室の隅っこにあるベンチの端にちょこんと座ってスケート靴のひもを結んでいたのが印象的でした」

 

渡部さんは最後にこう語る。

 

「大輔が復帰を決意したのは、『体が動くうちは、最高のパフォーマンスを見せたい』という単純な思い。そんな彼の演技は、一つ一つのプログラムをぶつ切りにして見せるのではなく、音楽も含めて、一つの流れを作品として見せること。成熟した大輔の演技を見てほしいです」

関連カテゴリー: