アジャコングから流血の洗礼…Sareee語る世界進出までの試練
画像を見る

世界最大のプロレス団体・WWEでのデビューを控える、日本女子プロレス界の至宝・Sareee(24)。

 

14歳にして井上京子(51)率いる女子プロレス団体『ディアナ』の門を叩き、順調にキャリアを重ねてきたかに見えた彼女だったが、21歳の誕生日を前に“退団”という大きな決断をする――。

 

<前編:「机がバキバキに」6歳のSareeeがプロレスに魅せられた瞬間 から続く>

 

’17年2月、「女子プロレス界のトップになりたい」というステートメントでディアナを退団することになったSareee。

 

当時の『週刊プロレス』(17年3月22日号、ベースボールマガジン社刊)のインタビューには、次のような発言が残されている。

 

《京子さんも伊藤さん(薫・49)もトップを取ったことのある選手。でも自分はまだトップ取ってないし、これからの目標もある……もちろん伊藤さんと京子さんも倒したい相手ではあるんです。ディアナにいたらいつまでもそれは遠くなってしまうと思って》

 

団体の中に同期生も中堅世代もいないSareeeは、しのぎを削れる同格の選手の存在がなかった。団体でトップを取るためには、ほかの選手に勝って上がっていくしかないが、団体内にはSareee以外はベテラン勢しかいなかった。彼女たちには“団体の顔”として進めるべき路線があり、そのベクトルはSareeeとの世代闘争には向いていなかったのだ。

 

「他団体を見てみると、同期デビューの世志琥(27)はベテランと直接闘って勝ち、発言権を勝ち取って……自分たちの闘いをやりたいようにやらせてもらっているように見えたんです。振り返って、自分は京子さんや伊藤さんというベテランが上にいる。先輩たちはプロレスを極めてきた選手です。しかし『これから理想の試合を追究してやっていきたい』という自分の思いをリングの上でぶつけて、突き破ることができなかったんです……」

 

若さも手伝ってか「腐ってしまう気分もあった」のだと吐露する。

 

「ディアナをいまの自分の立場で変えるのは無理だと。『いつまでたっても、先輩たちを振り向かせることはできない、空気を変えられない』とあきらめてしまっていたんですね」

 

20歳、明確にステップアップしたいSareeeには、焦りがあった。

 

「結局、団体を出ることになったんです。でもそれは、下積みしてきた自負があるから、できたことだと思っています」

 

アントニオ猪木(77)の人生訓よろしく、道に迷ったとき、悩んだとき、ここでSareeeは「一歩踏み出す」ことにした。そして「経験に勝るものなし」とこれも猪木が言うように、後に大きな収穫となってSareeeに返ってくることになる。

 

だが当時は、そんな見返りなど期待しない、Sareee20歳の冒険だった。

 

次ページ >新天地で抱いた違和感…半年で“出戻り”の理由

関連カテゴリー:
関連タグ: