大谷翔平メジャー3年半の可愛すぎギャップ写真7
18年6月、約2週間ぶりの練習で笑顔を見せた(写真:アフロ) 画像を見る

快進撃が止まらない大谷翔平(26)に全米が熱狂! 投手としての活躍はもちろん、ホームラン王争いまで繰り広げ注目を浴びる今シーズン。すでに10試合以上の先発登板&20本塁打以上を達成しているのだが、これはなんと1919年のベーブ・ルース以来の大記録というから驚きだ。

 

メジャーデビュー当時、“二刀流”の実力に懐疑的だった現地記者たちが、大谷のパワーにすぐさま手のひらを返したが、現地の人気ぶりはその成績だけが理由ではない!

 

最近ではマウンドで見せた、“写楽”の浮世絵を彷彿とさせる姿が話題となったが、実は判定に対する不満のジェスチャーだった。そんな、怒っているときでさえにじむ人柄のよさや隠しきれない愛嬌に、誰からも応援される理由があるのだろう。

 

そこで今回、「SHOW TIME」こと大谷の、愛くるしいシーンをメジャー上陸時から写真でプレーバック!

 

【’18年5月】

ベンチ内でキリ吹きを使ってチームメートとじゃれ合う大谷。メジャー入り2カ月でこのなじみっぷり。

 

【’18年6月】

当時は故障者リスト入りして心配の声が寄せられていたが、約2週間ぶりの練習で笑顔を見せた。

 

大谷翔平メジャー3年半の可愛すぎギャップ写真7
画像を見る 18年8月、悪天候で試合開始が2時間以上遅れた疲れからか“への字口”(写真:アフロ)

 

【’18年8月】

8試合ぶりのホームランを放つも、悪天候で試合開始が2時間以上遅れた疲れからか“への字口”。

 

【’19年5月】

7試合ぶりの無安打となってしまったこの日。プリッと突き出したお尻で悔しさをアピール?

 

【’19年8月】

5試合連続安打をマークし、チームも無事勝利を収めたこの日。喜び勇んでフェンスを越える!?

 

【’21年6月】

異例のボーク判定に不服の感情を表した表情が、写楽の浮世絵に似ているとSNSで話題となったが……もう一枚の写真もけっこうかぶいている!?

 

本塁打王候補としてオールスター全米1位に選出された大谷。驚異的な実力や、193cm95kgの巨体とのギャップあふれる“かわいい”姿の今後にも期待です!

出典元:

「女性自身」2021年7月13日号

【関連画像】

関連カテゴリー: