3月8日、映画『5つ数えれば君の夢』の舞台あいさつが行われ、主演を務めた人気ガールズダンス&ボーカルグループ・東京女子流の小西彩乃(15)、山邊未夢(17)、新井ひとみ(15)、中江友梨(16)、庄司芽生(16)らが出席。その他にも共演した柳俊太郎(22)、そして山戸結希監督らが登壇した。

 

初主演映画の公開初日ということもあってか、東京女子流のメンバーはやや緊張したおももち。なかでも山邊は劇中と同じ前髪を上げたツインテールで登場した。司会者から「命よりも大切な前髪を上げて撮影をしたそうですが、いかがですか?」と聞かれた山邊は「正確には命の方が大切です・・・」と答え会場を沸かせた。

 

そんな山邊自身も髪型には驚いたそうで、「衣装合わせのときに、え!前髪上げるの!?と思いました。でもマネージャーさんから“普段より1.3倍いいよ”と言われて地味に嬉しかったです」とコメント。

 

その後、見どころについて小西が「わたしはアップのシーンが多いんですが、嫌いにならずにあぁちゃんの表情を観て下さい!」と話すと、中江も「わたしはメンバーとの絡みがありませんでした。完成した映像をみたらメンバーの初めて見る表情がいっぱいで感動して見入っちゃいました」とアピール。

 

また、モダンダンスに挑戦した新井は、「苦戦したけれど自分のものにできたと思います」と自信をのぞかせた。最後に庄司が「これ女子流?ってくらい本当にいろんなところで楽しめる作品。初演技で緊張しましたが、みんな本当に頑張りました!これからもこの作品をよろしくお願いします」と新リーダーらしくまとめた。

 

同作は文化祭を前に葛藤する女子高生を描いた青春映画。現在シネマライズにて公開中で、全国順次公開を予定している。

公式HP:http://5yume.jp

 

(C)2014『5つ数えれば君の夢』製作委員会

 

関連タグ: