image

斎藤芳乃(さいとう よしの)プロフィール

マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、潜在意識にある不幸の根本的な原因を見抜き、現実を変化させる心の専門家として活躍中。東京・大阪・名古屋で開催される講座には、7000人以上の女性が参加。北海道や沖縄のみならず海外からも受講者が訪れる。また個人セッションの申し込みは、予約受付開始から5分で満席となる人気ぶりを博している。著書に『一週間で自分に自信を持つ魔法のレッスン』(SBクリエイティブ)、『運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた』(マガジンハウス)。著者公式ブログにて、クライアントの実際の体験談や、潜在意識の書き換え方を日々更新中。9月に新刊『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』(SBクリエイティブ)を上梓した。

■子供時代、家庭内で感情のぶれがあった場合、恐怖が植え付けられる

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

幸せな恋愛をするとき、多くの方が「自分の美しさを磨く」ことや、相手に好印象を持ってもらうための自己改善に力を入れています。

しかし、こうして自分磨きをしてもなかなかよい男性に巡り会えないというケースも少なくありません。

 

こうした場合は、恋愛できない本人に魅力がないのではなく、実際にはその人自身の「対人関係の悪いクセ」が苦しい恋愛を招いてしまっているんですね。

そして、こうした悪癖を持ってしまっていると、容姿や肩書きがどんなに魅力的であっても、最終的には辛い恋愛しかできない……ということが多いのです。

 

その中でも、一番多いクセが「相手に対する無意識の怯え=見捨てられることに対する恐怖」です。

心のどこかで「嫌われるのが怖い」と恐怖しているあまりに、つい自分を苦しめる要求を受け入れてしまったり、相手の態度が少し変わるだけで自分を責めて機嫌をとってしまうことで、いつも本音でつきあえない、相手に合わせる恋愛になりがちなのです。

これを「見捨てられ不安」といいます。

 

では、こうした他人に対する無意識の恐怖は、いったい何が原因で起きたのでしょうか?

 

■子供時代、家庭内で感情のぶれがあった場合、恐怖が植え付けられる

こうした大人になってからの恐怖も、私たちの子供時代に原因は遡ります。

実は、私たちが子供時代に感じる恐怖と、大人になってから感じる恐怖は、感じる大きさが異なるんですね。

たとえば、大人になってから上司に叱られたとしても、そんなに恐怖を感じることはないかもしれませんが、子供時代、先生に怒られると、まるで世界が終わったように感じてしまいます。

このように、「恐怖=ショックを受けた度合い」が子供時代は大きいため、それが「自分の存在を揺るがすような、まるで命を奪われるような怖さ」になって、心の中にトラウマとして残ってしまうんですね。

 

例えば家庭の中でお母さんが怒ることが多かった、いつも不機嫌であまり笑ってくれなかった……という場合も、大人になってからは「そういうこともあるよね」と思えても、子供時代の私たちにとっては死活問題です。

そのため、その死にそうな状態=自分が恐怖を感じている状態をどうにかして変えようとして、子供なりに改善策を考えようとするのです。

嫌われ、怒られ、見捨てられないために、子供は子供なりに、必死で対処しようとするんですね。

 

その結果、親の機嫌をとったり、常に怒られないようにいつも笑顔でいい子を演じるなどの「処世術」を身につけるようになります。

そして、危機的な状態を脱するために、機嫌をとったりいい子でいたり、我慢することを何度も繰り返すうちに、こうしたやり方がクセになります。

すると、大人になってからも、そのクセを対人関係で継続するようになるのです。

 

それは、男女関係・恋愛・結婚においても同じです。

愛する人に嫌われたくない、嫌われるのが怖い、相手に見捨てられたくないと思うあまりに、必死で食らいついて、自分自身を犠牲にしてまでも相手の機嫌をとろうとした結果、愛されない関係を築いてしまうのです。

 

■あなたにはどんな恐怖がある? 恐怖があることで引き起こされる恋愛不幸

それでは、こうした恐怖のパターンには、どんなものがあるのでしょうか?

チェックしてみましょう。

 

□相手が機嫌が悪くなることが怖いので、つい顔色を伺って、自分の気持ちを犠牲にして相手に尽くしてしまう

□常に自分の気持ちを無視し、相手の願いを100%叶えるために必死になってしまう

□ちょっとした意見の違いが怖いために、NOを言うことはできないし、そのため相手がエスカレートして嫌なことをしても受け入れてしまう

□自分が好きか嫌いか、という基準ではなく、「誰かに嫌われるのが怖い」ために、どんな不適切な人でも「嫌だ」と思えずに受け入れてしまう

□人と会話をするとき、自分の気持ちなどを考えたことがない

□後になって後悔したり、怒りが爆発して関係を壊してしまうことがある。しかも、相手が離れた後に追いかけて謝罪することを繰り返す

□ほんの少しでも相手の気持ちが自分に向いていてくれないと辛く感じる。自分に価値がないと落ち込み、見てもらうための努力をする

□好きな相手ができると、その人のことばかりで他はどうでもよくなる。その結果、依存的になり、重いと言われてふられてしまう

 

こうしたパターンのすべてが、根底に見捨てられ不安があるために起きています。

捨てられたくないという感情が強すぎてしまい、本来はお互いに信頼し合い、幸せな関係を与え合うことが恋愛なのに、「相手に見捨てられないために必死で努力し続ける」ことが目的になってしまうんですね。

 

こうなると、恋愛で得られる信頼や、お互いに愛しあっていることで持てる安心感、リラックスして楽しい感覚などがなくなってしまうため、「愛されるために自分を殺して苦しむ」という、本末転倒な恋愛になってしまうのです。

 

■子供時代からの見捨てられ恐怖を癒し、解決する方法とは

それでは、こうした状態を改善するためにはどうすればいいのでしょうか?

そのためには、心の中で怯え続ける「子供時代の自分」を癒してあげる必要があります。

 

まず大切なことは、「自分が怖がっていることを否定せずに受け入れてあげる」ということです。

子供時代、どんな理由であれ、相手のことが怖かった。だからこそ、嫌われる恐怖ができてしまった……。

たとえば、親が機嫌が悪くなることが怖かったのかもしれませんし、怒られたり怒鳴られることが苦しかったのかもしれません。

その時の「怖かった自分」がまだ心の中にいることを認めてあげながら、子供のまま怯えている自分に対して、「怖かったね、辛かったね、いやだったね、でももう大丈夫だからね」と、恐怖を癒しながら安心させてあげます。

心が怯えている場合は、怯えていることを認め、受け入れるセルフケアをするだけで、劇的に安心感を得ることができるようになります。

 

そして次に、「恐怖を感じたら、戦ったり何とか相手を変えようと追いかけたりせずに、逃げていい(距離をおいていい)」という新しいクセを身につけてみましょう。

この時、「私は○○のようにされるととても怖いし、それがとても嫌で、そういう関係を築きたくない」というように、しっかりと感じてみます。

実際に、相手に伝えてみてもかまいません。

 

あなたを本当に大切に思ってくれ、尊重できる相手ならば、こうした恐怖を伝えたときに、「怖かったんだね、じゃあそのやり方は変えていこう」というように、接し方を変えてくれます。

こうすることで、ただ見捨てられ不安を感じて相手にすがるのではなく、「対等な立場で関係を創る」ということができるようになるんですね。

 

ここでもしも、さらに怒ったり怒鳴ったりする相手ならば、それはあなたの存在を尊重していないという証拠ですから、「不適切で支配的な人だったな」というように、自分を守り相手を見限る形で離れてしまって大丈夫です。

また、怖いと伝えてもいつまでも同じことを繰り返す相手ならば、それは支配的で威圧的、誰に対しても自分のやりかたを通そうとする人ということですから、自分を守るためにきちんと境界を引いて距離を置く必要があります。

 

こうして自分の中の恐怖に対処できるようになると、不適切な人も自動的に見抜けるようになり、かつ、「尊重して大切にしあう関係」を主体的に築いていけるようになるんですね。

 

重要なことは、恐怖に呑み込まれてしまい、恐怖のあまり無意識に自分を犠牲にするような不自然な行動をとり続けないことです。

怖くていい、怖かったよね。そして怖いと思ってしまう自分に寄り添う。

その上で、怖くない関係を、主体的に自分の意志で、自尊心を持って選んでいく。もう大人になってのだから、ただ見捨てられる不安を感じるだけではなく、改善策を一緒に考えながら、自分が幸せな関係を創っていこう……。

 

あなたの人生は、この世界にひとつしかない、大切なものです。自分を犠牲にすることのない、ありのままのあなたの感受性に寄り添った関係を選んでいってくださいね。

 <<報われない愛ばかりなのはなぜ? / 女同士でばかりつるんでしまう>>

『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』

image

・価格:1,404円(税込)1,300円(税抜)
・発売日:2014年09月29日頃
・出版社:SBクリエイティブ
・サイズ:単行本
・ページ数:223p
・ISBNコード:9784797380200

年齢、容姿は関係なし! 
あなたは必ず愛される。

「どうしていつまでたっても出会いがないの?」
「いいと思った人とうまくいかないのはなぜ?」
「そもそも幸せな恋愛や結婚ってどんなもの?」
そんな悩みを抱えている女性は多いでしょう。
どうしたら、男性と愛し愛される関係を築き、幸せな人生を送っていけるのでしょうか。
本書では、多くのクライアントの悩みを解決してきた著者が、
あなたの魅力を最大限引き出し、真に愛される女性になるための方法をお伝えします。

運命の人と出会い、お互いがお互いを大切に思い、高め合い、幸せなパートナーシップを築いていく――。
そのための具体的な方法を、実例をまじえながらご紹介します。