image

斎藤芳乃(さいとう よしの)プロフィール

マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、潜在意識にある不幸の根本的な原因を見抜き、現実を変化させる心の専門家として活躍中。東京・大阪・名古屋で開催される講座には、7000人以上の女性が参加。北海道や沖縄のみならず海外からも受講者が訪れる。また個人セッションの申し込みは、予約受付開始から5分で満席となる人気ぶりを博している。著書に『一週間で自分に自信を持つ魔法のレッスン』(SBクリエイティブ)、『運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた』(マガジンハウス)。著者公式ブログにて、クライアントの実際の体験談や、潜在意識の書き換え方を日々更新中。9月に新刊『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』(SBクリエイティブ)を上梓した。

■恋愛はテクニックではない

 

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

 

少女マンガや恋愛映画のような恋愛や幸せな結婚に憧れる気持ちは持っている……。けれども、リアルな男性とのお付き合いとなると、どう接していいか分からないし、どうすれば深い関係に至るのか分からない。

――そんな女性が増えています。

 

最近では、「好きな人を落とす○○テクニック」「良く思われる第一印象操作」などの恋愛スキルがたくさん出回っているせいか、それに振り回されて、少しずつ段階を踏んで男性と親密になることができなくなっているのです。

 

本来、恋とは、「相手を落とす」などということではなく、「お互いに心の深い部分まで理解し合い、友人との関係では得られない共感や親密な感情を抱き合う」ことです。

そのことを理解できていないと、第一印象で相手が自分に好意を持ってくれてお付き合いに発展したとしても、いざ結婚しようとなると、「分かり合えない」となって、関係は終わってしまうんですね。

 

そして、この「男性に対して抱く親密な感情」というのは、あなたの子ども時代に深く根ざした感情なのです。

 

■父親不在の家庭…「男性のことが分からない」

 

親密な関係とは、どういうものかというと、例えば「お互いに喧嘩をしたり、すねることがあったりしても、次の日には何となくお互いに許し合う」ということや、「理由もなく二人で一緒にいて、のんびりとだらけながら過ごす」といったことが挙げられます。

言い換えると、親密さというのは、「お互いが自分をさらけ出し、弱いところもダメなところも認め、受け入れて、触れあう」ということなんですね。

 

けれども子供時代、仕事が忙しいなどの理由で父親と接する機会をなかなか持てなかったり、あるいは父親が厳しすぎて厳しいルールを課されていたような場合は、父親との間に、温かく許し合えるような触れあいを経験できていません。

そうなると大人になってから、男性を前に緊張してしまったり、父親に課されたルールのように「きちんとしなければ受け入れてもらえない」「完璧でなければ許されない」と思うようになってしまうんですね。

そのため、たとえ男性と恋に落ちたとしても、自分や相手に完璧であることを求めるあまり、温かい触れあいから遠ざかってしまうのです。

 

容姿を整えることも、女性として美しく振る舞うことも、どちらも愛を引き寄せるためには大切なことです。

しかし結婚となると、相手にとって特別な存在にならなければ、男性は「この人と結婚したい」と思うことはありません。

つまり、結婚するためには、容姿や表面上の魅力ではない、「人間的な温かさ」が必要となるのです。

 

■男性への誤解、思い込み…愛を遠ざけるあなたの深層心理は?

 

それではここで、男性や恋愛に対する思い込みについて見ていきましょう。

下記の選択肢の中から、自分に当てはまるものがありましたら、チェックをしてください。

 

□ 完璧に相手の意向に添わなければ愛されない

□ 男性は常に容姿だけで女性のことを判断している

□ しょせん男性にとっては、年齢の若い女性だけが価値がある

□ 常に相手の機嫌を取っていなければ、怒られたり怒鳴ったりされる

□ 男性は仕事第一主義で、恋愛や結婚に期待していない

□ 男性は釣った魚にエサはやらない

□ セックスすると、男性の愛が冷めてしまう

□ 男性は心の底では女性の面倒を見たくないと思っている

□ 男性が劇的に優しくなったり、冷たい態度を変えることはない

□ 病気になったり弱い自分を見せたら男性に捨てられてしまう

□ 男性は深く話し合ったり、相手の言うことに耳を傾けたりしない

□ たった一人の女性を愛するということはない(浮気する・浮気願望がある)

 

いかがでしたか?

 

子供時代、私たちは家庭において、父親からの影響をとても強く受けています。

その結果、こうした思い込みを深めてしまうことが多いのです。

 

本来ならば、父親が冷たい人だったとしても、そのことと「大人になってから出会う男性」とは全く関係がないはずです。

だから、父親と温かく交流することができなかったとしても、男性とそれができることは十分可能なんですね。

しかし、上記のような「しょせん男性なんてこんなもの」という思い込みを持ってしまうと、その思い込みを元に行動したり、相手を決めつけるようになりますから、男性との間に温かい関係が築けなくなるのです。

 

男性は、愛する女性が弱っていれば支えてあげたいとと思っていますし、優しくしてあげたい、理解してあげたい、寄り添ってあげたいという欲求を強く持っています。だからこそ、そうした欲求に添ったアプローチが重要になるんですね。

 

お互いに深い関係を築いていくためには、こうした「理解」や「受け入れる気持ち」がポイントになります。ここを抜きにすると、互いに心を開くことはできませんし、親密な関わりを育むこともできなくなるのです。

 

■親密さを作るための「理解」ポイントとは

 

それではここで、男性との間に親密な関係を築く上で理解しておくべき3つのポイントを整理してお伝えしましょう。

 

1.言語外の共感、相手への理解を第一にする(深く理解をする)

 

男性が怒っていたり、ネガティブなことを言ったりした時は、それを態度や言葉通りに捉えるのではなく、「そういう発言のウラにある背景」を想像してみるといいでしょう。

例えば、相手が怒っているとき、その怒りを真正面から受け止めて反論すると、喧嘩になってしまいます。

そういうとき男性の発言のウラには、「自分のことを分かってもらえなくて寂しい」「辛い」「苦しい」などの弱音や本音が隠されていることも多いのです。

こうした言語外の気持ちを深く理解し、受け止めてあげると、その気持ちを相手も察してくれ、相手との間により深い信頼関係を築けるようになります。

 

2.表面的な欲求を満たすのではなく、無意識の欲求を受け入れる(協力しあう)

 

相手があなたの要求に無理して合わせてくれていることに気づかず、相手の優しさに甘え続けてしまう……。

あるいは、相手があなたに対していつも明るくふるまってくれていることを当然のことと感じ、「辛いことはないの?」「ほんとうは無理してない?」という相手を気づかう言葉の一つもかけることがない……。

こうしたことが続くと、はっきり態度で表すことはなくても、相手はあなたとの付き合いにだんだんと温かさを感じられなくなり、「疲れてしまった」という気持ちになりかねません。

 

あなたも相手の男性も、同じ心を持った人間です。辛いこともあれば、苦しいことも、無理をしていることもあります。

こうした「隠された痛みや辛さ」を理解し、その感情に寄り添ったり優しく接したりすることで、相手も安心してあなたに心を開くことができるのです。

相手の頑張りや表に出さない痛みを理解し、ときには褒めてあげる。そして相手がいてくれることに感謝し、寄り添ってあげる。

尽くすというのではなく、「自分もこうされたら嬉しい」ということを積極的に相手に対して心がけることで、互いに深い信頼関係を創ることができるのです。

 

3.違いを受け入れる(支配や競争を避ける)

 

最後のポイントは、「違いを受け入れる」ということです。

 

女性が恋人や夫に、ある問題について相談をして、逆に「相談なんかしなきゃ良かった」と思うようなケースはよくあります。女性にしてみれば、「ただ自分の話に耳を傾けて欲しかった」「共感して欲しかった」だけなのに、男性はそれに対して現実的な解決策を考えたり、ときに「キミの方にも非があるんじゃないかな」などと返したりする。女性は感情的な側面で物事を理解して欲しいと思うのですが、男性は理性的な側面で解決や現実的な変化を求めるんですね。

 

あるいは専業主婦の方が、夫から「僕が稼いで面倒を見ている」と言われて腹を立てることもよくあります。たしかに、奥さんがカチンと来る気持ちも十分理解できますし、事あるごとに旦那さんがそういうことを口にするようなら問題だと思います。ただ、一歩引いて考えると、夫が愛する妻のためにお金を稼ぎ、面倒を見ているということは、それ自体が愛情表現でもあるのです。

 

こうした男女の受け止め方の違いを受け入れないまま、「私はこう思うのだから、あなたも私と同じように思ってほしい」というように、自分の考えを相手に強制してしまえば、お互いのことを相容れなくなってくるんですね。

 

こうした場合は、相手に正面からぶつかるのではなく、「互いに表現方法が違う」ということを念頭に置きながら、「相手も本当は自分に対する愛情を示そうとしているのかも知れない」というように、相手の言葉をポジティブに捉えるようにしましょう。

そして、どうしても理解できない部分があれば、相手に説明を求め、「あなたの言うことは分かった。でも私はこう思っている」「あなたの本心はどうなの?」などと話し合うことで、溝を埋めていくことができます。

 

いかがでしたか?

子どもの頃、父親との触れあいに乏しかった場合は、こうした男女の違いや、男性が心の奥に秘めている欲求に気づかず、それゆえに、女性側の視点だけで男性の言うことを理解しようとしてしまいがちです。

けれど、こうしていくつかのポイントを抑えることができれば、男女の違いが理解できるようになり、心を許しあう関係を築くことができるんですね。

 

異性だからと言って、恐れの感情や苦手意識を持つ必要はありません。

まず、あなたから男性を理解し、歩み寄る。そうすれば、素晴らしい恋愛を手に入れられるようになるでしょう。

 <<女同士でばかりつるんでしまう――

『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』

image

・価格:1,404円(税込)1,300円(税抜)
・発売日:2014年09月29日頃
・出版社:SBクリエイティブ
・サイズ:単行本
・ページ数:223p
・ISBNコード:9784797380200

年齢、容姿は関係なし! 
あなたは必ず愛される。

「どうしていつまでたっても出会いがないの?」
「いいと思った人とうまくいかないのはなぜ?」
「そもそも幸せな恋愛や結婚ってどんなもの?」
そんな悩みを抱えている女性は多いでしょう。
どうしたら、男性と愛し愛される関係を築き、幸せな人生を送っていけるのでしょうか。
本書では、多くのクライアントの悩みを解決してきた著者が、
あなたの魅力を最大限引き出し、真に愛される女性になるための方法をお伝えします。

運命の人と出会い、お互いがお互いを大切に思い、高め合い、幸せなパートナーシップを築いていく――。
そのための具体的な方法を、実例をまじえながらご紹介します。

関連タグ: