image

皆さん、こんにちは!はちみつ姉妹です。夏も終わりに近づき、冷たいものの食べ過ぎ飲み過ぎからくる胃腸の疲れ、またクーラーでの手足の冷え、蒸し暑さやストレスからくる不眠や寝不足など、トラブルの種は尽きません。疲労や不眠で悩んでいらっしゃる方も多いこの時期、どのようにメンテナンスされていらっしゃいますか?そこで、今回は私たちの代表的なメンテナンス法をお話したいと思います。

 

まず、疲労は大きく分けると「急性疲労」と「慢性疲労」の2つに分類できます。急性疲労は、運動のあとのような一過性のもので回復は早い。慢性疲労は、疲労が蓄積した状態で、回復に時間がかかります。また肉体的な疲労は回復が早く、中枢神経の疲労やストレスによる疲労は回復が遅いと言われています。

 

また、日本人の4~5人に1人は睡眠に関して悩んでいることが、調査結果でもわかっています。男性よりも女性の方がやや多く、不眠の原因の1つにストレスが多くあります。ストレスからくる緊張は覚醒神経系を興奮させ、入眠を妨げるのです。

 

つまりストレスを早い段階で解消して、疲労が心や身体へ影響を与えないようにケアするのが大切ということです。その際に、私たちは疲労回復に効果的なはちみつやリラックス効果のハーブを活用することにしています。おすすめの方法は、下記のとおりです。

image

1)【ラベンダーハニーティー】→お休み前のリラックス

●材料(2人分)

茶葉       10g
お湯       300cc
ラベンダーハニー お好み

●作り方

① ティーポットに茶葉とはちみつを入れる
② お湯を注ぎ3分蒸らす
③ カップにハーブティーを注ぐ

 

2)【はちみつ塩へそ灸】→消化器系やストレス、冷えを改善

●材料

塩        10g
はちみつ     7~10g
しょうがスライス 1枚
お灸

●やり方

① 塩とはちみつを混ぜる
② おへそに①を詰める
③ しょうがでおへそに蓋をする
④ その上にお灸を置く

 

ラベンダーハニーは、香りの豊かなはちみつです。鎮静作用が期待でき、ラベンダーの香りでリラックスできます。就寝前に飲むことで内蔵がじんわりと温まり、自然と眠くなりお休みすることができます。またはちみつ塩へそ灸は、内蔵を温めて冷え性改善に効果的です。自律神経の働きを正常化し、疲労回復や免疫向上にも一役かってくれます。是非、お試し下さいませ。