image

 

誰でも自宅で簡単にできる3つの矯正ストレッチ

image

モデルや女優など多くの“美”を職業とする女性たちから絶大な支持を受けるカリスマトレーナー、VIDO代表の山坂元一さん。

 

そんなゴッドハンドの彼が「体の歪みの危険性」について警鐘を鳴らす。
「肩こりや腰痛といった治りづらく慢性的な持病の原因は、体のバランスが崩れているせいで発生することが多いんです」

 

そこで、カリスマトレーナー山坂さんに自宅で簡単に体の歪みを矯正できるストレッチを3つ提案してもらった。どれも誰でもすぐにできる簡単なストレッチなので、ぜひ今日から始めて体の歪みを矯正し、辛い腰痛や肩こりとサヨナラしよう!

 

 

【体の歪み矯正ストレッチ(1)】大腿四頭筋のストレッチ

 

image

(正しい体勢)

 

image

(逆から見た体勢)

 

1. 右足の膝を床に着き、左足を大きく前に踏み出す。
2. 右手を左足の横に着く。
3. 右足の膝から下を上げ、左手で足の甲か足首を掴む。
4. 背筋を伸ばしながら上体をひねる。
5. ゆっくり呼吸をしながら20秒から30秒体勢をキープする
6. 逆も同じように行う

 

※ポイント
・左足をできるだけ前に出すことを意識する
・膝がつま先より前に出ないようにする
・つま先を持つと足首のストレッチになってしまうので、足の甲か足首を掴む
・同じ側の手で持つと腰が反り、負担を掛けてしまうので注意

 

 

【体の歪み矯正ストレッチ(2)】腸腰筋のストレッチ

 

image

(正しい体勢)

 

image

(逆から見た体勢) 

 

1. 左足を前に出し、右足の膝を床につける
2. 両手は腰に添えて、膝と左足の裏でバランスをとる
3. 上体をまっすぐ伸ばし、腰を前に押し出す
4. 股関節前の付け根から腿の前が伸びることを感じながら、ゆっくり呼吸をしながら20秒から30秒体勢をキープする
5. 逆も同じように行う

 

※ポイント
・膝は前に出さず、つま先よりも出ないようにする
・お尻に力を入れるようにして骨盤を立てる(骨盤は後傾するイメージ)
・股関節付け根が伸びていることを確認する
・腰が反らないように注意
・少しだけの可動域でじゅうぶん効果があるので無理しない

 

【体の歪み矯正ストレッチ(3)】大殿筋のストレッチ

 

image

(正しい体勢)

 

image

(逆から見た体勢)

 

1. 右足を前に出し、左足を後ろに軽く伸ばした状態で上体を前に倒す
2. 右足のスネが体とできるだけ水平になるように股関節を開く
3. 右足の膝はできるだけ90度に近づくように意識して曲げる
4. ゆっくり呼吸をしながら20秒から30秒キープする
5. 逆も同じように行う

 

※ポイント
・膝の角度が90度より浅いとモモ裏のストレッチになるので、できるだけ90度になるように意識する
・右足の股関節にしっかり体重を乗せる
・お尻が浮かないようにする

 

 

【協力店舗】

「VIDO“美動”」

http://www.vido.asia

「we are all athletes,すべては意識から始まる」、「すべては美しい動きへ」をテーマに掲げ、体の隅々までをコントロールするパフォーマンスを身につけるトレーニングスタジオ「VIDO」。代表の山坂元一さんは、アメリカでトッププロアスリートにトレーニング指導後、ドイツでスポーツ医学に関わる研究を重ね、日本スタイルに合ったトレーニング法である「筋連動トレーニング」を確立。トレーナー集団VIDO代表として、多数のオリンピック選手や業界著名人を指導する。