image

 

image

スマホの長時間使用による首のトラブルが増加中
首のストレッチで予防する

「もともとパソコン作業が主なデスクワークのビジネスマンが首や肩の痛みを訴えての来院が多かったのですが、最近はスマホの長時間使用が原因とみられる方も増えていますね」

 

そう語るのは、「表参道ポルクス整骨院」で院長を務める東篤志さん。

 

「痛みやコリをとって終わり」の治療で終わらず、痛みやコリの出ない身体作りまで提案することをめざし、2014年に同院を開業。整体や鍼灸での治療はもちろん、トレーニング指導や姿勢矯正まで行う総合的な治療を行う整骨院の院長として多くの患者と向き合っている。

 

また、野球で日本代表にも選出されるほどの実力もケガの影響でプレーを断念した経験から、東さんは同院とは別に、トップアスリートをメンタルとフィジカルの両面からサポートするパーソナルトレーニング施設「ReNew」表参道の代表としても活動するなど、まさに“なかなか予約が取れない”多忙な日々を過ごしている。

 

「痛みや不調を原因から取り除き、より充実した生活を取り戻すために、普段から自分の身体の状態を知り、悪い部分は早めに改善するという意識が大切です。特に体の歪みはさまざまな体調不良を招くので注意が必要ですね」

 

今回、“整骨のプロ”東さんに「骨格から健康を整える」ための<歪みセルフチェック>の方法と、すぐにできて首のコリに効果的な<頸椎ストレッチ>を伝授してもらった。

 

「美しさも健康も、自分の今の身体の状態を知ることが第一歩です。また最近はスマホの長時間使用によるストレートネック症状を発症している人が増えているので、その予防に効果的な首のストレッチを紹介します。ぜひ試してみてください」

 

“整骨のプロ”東篤志院長直伝「骨格から健康を整える」(1)
自身の状態を知る<歪みセルフチェック>

「まずは今の自分の身体の状態を知るためにセルフチェックを行なってください。どこに壁とのすき間ができるかによって、現時点での身体の問題点が一目瞭然となります」

 

やり方はとても簡単だが、後頭部と肩、背中、お尻、かかとのすべてを一斉に壁につけることは意外と難しい。たいていの人はどこかに大きなすき間ができてしまうだろう。

 

「健康な状態なら後頭部、肩甲骨、お尻、踵を壁にぴったりつけることができます。離れてしまう部位、すき間が空く部分を知ることで、身体のどこかに問題があると認識するところからがスタートになります」

 

1)素足で体のラインが見えやすい格好で壁に背をつけて立つ

 

image

2)後頭部、肩甲骨、お尻、かかとを同時に壁につけて立ち、壁に出来るすき間をチェック

 

image

 

 

【すき間ができる場所で分かる「身体の問題点」】

※人の体は個々で特性があるのであくまで参考です。

 

image

1. 頭が前に出てしまう

→ 頸椎(首の骨)の前弯が少ない。【ストレートネック傾向】

→ 胸椎(胸部の背骨)の前弯が強い。

→ 骨盤の後傾が強い。

 

2. 肩甲骨が離れてしまう

→ 胸椎(胸部の背骨)の前弯が強い。

→ 肩の内旋が強い。【巻き肩傾向】

→ 骨盤の後傾が強い。

 

3. 腰と壁にすき間が空きすぎる(手のひら2枚分以上)

→ 腰椎(腰の骨)の前弯が強い。【反り腰傾向】

→ 体幹のインナーマッスルが弱い

→ 臀部の筋肉の発達が顕著

 

 

“整骨のプロ”東篤志院長直伝「骨格から健康を整える」(2)
首のコリを改善する<頸椎ストレッチ>

上記の「歪みチェック」で自身の身体の歪みや問題点を把握したところで、まずは最近増えている「ストレートネック」を改善するための頸椎ストレッチを東さんに教えてもらった。

 

「パソコンやスマホの長時間使用の人は、画面をじっと見るために無意識に下を向く姿勢が増えます。頚椎の角度が体の中心に対して0度で5kg程度、30度前に傾くと20kg、60度前に傾くと30kgも首に負担がかかるとも言われています。下を向き続ける結果、首周りの筋肉の過緊張が起こり、首の骨(頸椎)の前弯も失われてストレートネックと呼ばれる状態になってしまいます。

 

また、首肩コリ、頭痛だけでなく、呼吸が浅くなったり、精神的にも意欲が低下することもあります。」

 

これらの事に思い当たる人は少なくないだろう。今すぐ東さん直伝の超簡単「頸椎ストレッチ」をやってみよう。

 

1)床に仰向けに寝転ぶ

 

image

 

 

★頸椎がかたいと、首の後ろの筋肉が引っ張られ隙間ができる(頸椎の前弯)

 

image

※悪い状態の例1

 

image

※悪い状態の例2

 

 

3)ゆっくりと鼻から息を吸いながら、アゴを引きながら後頭部を床に押し付けるようにする。

 

image

4) アゴをできる限り引き、首の後ろのすき間をできる限りなくした状態で、10秒キープ

 

※首のまわりの筋肉(主に胸鎖乳突筋、斜角筋)がストレッチされる

※アゴを無理に引き過ぎて頭の後ろが床から離れないように注意する

座位でも立位でも壁の前であれば同じ運動が出来ます。

 

また、上を向いて腕を上げながら深呼吸するだけでも体も心もリラックスするのでオフィスやご自宅で是非トライしてみてださい。

 

 

【協力店舗】

「表参道ポルクス整骨院」

http://www.bright-stars.jp/

 

image

■住所:東京都港区北青山3-5-9 中央珈琲本社ビル5F

■TEL:03-6455-4057

■営業時間:<月〜土>11:00〜22:00(21時受付終了)、<日・祝>11:00〜19:00(18時受付終了)

■料金例:整体マッサージ、鍼灸マッサージ、骨格調整マッサージ:それぞれ45分〜/6,750円より

■メニュー例:美容鍼、アロマオイルマッサージ、整体マッサージ、鍼灸、骨格調整、パーソナルトレーニング、健康保険、交通事故・労災治療など

 

「『整骨』と『美容』の多彩なメニューで健康や美容の様々な悩みにも根本からアプローチ。」をモットーに、保険治療や鍼灸のほか、姿勢分析や骨格調整なども行う整骨院。「患者様に施術を通して真の健康と幸福感を提供する」ことをめざし、院長である東篤志さんが2014年に開業。西洋医学と東洋医学を融合したアプローチ法で患者の心理面までしっかり向き合うことで、痛みをとるのはもちろん、症状の原因を根本から解消し、より質の高い生活ができるようなケアを大切にしている。

 

関連タグ: