image

 

image

腰痛は腰が原因とは限らない!超人気ゴッドハンド直伝の自宅で手軽にできる指圧法

「腰痛で『いくら腰をマッサージしても治らない』と悩んでいる人もいると思いますが、じつは腰痛は太ももとお尻の筋肉が張っていることで起こる場合が多いです。これらの筋肉をほぐすことで腰痛の根本的な根っこの治療になります」

 

腰痛の意外な原因について教えてくれたのは、競泳日本代表選手をはじめ、多くのトップアスリートの活躍を支え続けるボディコンディショニングのゴッドハンド、小沢邦彦さん。

 

日本オリンピック委員会強化医科学スタッフや日本トレーナー会議副代表としてオリンピックや世界選手権に競泳代表のトレーナーとして帯同し、北島康介選手らのメダル獲得に大きく貢献している小沢さん。現在は東京・代官山にある高級スポーツ施設「FLUX CONDITIONINGS」内のREFRESH指圧CENTERでボディケアを担当。トップアスリートはもちろん、一般のスポーツ愛好者たちの体のメンテナンスを行う予約の取れないゴッドハンドとして活躍している。

 

「例えば、ギックリ腰で悩んでいる人は、腰自体よりも大中小臀筋というお尻の筋肉が硬くなることで痛みが発症している可能性が高い。でも、それに気づかずに痛みが出る腰ばかり気にしてしまい、なかなか腰痛を改善できないで困っている人が多いんです」

 

そう語る小沢さんに、前回に続き、健康が気になり始めた30代、40代のアラサー&アラフォー世代向けに、自分で簡単にできるボディケア法の第2弾として、「自宅で手軽にできる腰のセルフマッサージ」を教えてもらった。

 

「この腰のマッサージは、道具もいらず寝転がりながら気軽できるので、腰痛で悩んでいる人はぜひ試してみてください。そして、できれば腰やお尻の筋肉の位置を頭に入れつつ、拳を置く位置や体重のかけ方を変えることで『今、どの筋肉が刺激されているのか』をイメージしながら行ってもらえるとより効果的です」

 

今晩のお風呂上がりにでも、小沢さん直伝の簡単マッサージをぜひ試してみよう。

 

小沢邦彦院長直伝「疲れを残さない簡単セルフボディケア」(4)
腰のセルフマッサージ

1)床、ベッドなどに軽くヒザを曲げて仰向けに寝転ぶ

2)腰の張りを感じる場所に両手の拳を置く(指の中指、人差し指が患部にあたる様に)

 

image

3)足を左右に倒すことで拳に体重が乗り、腰が適度に指圧される

4)自分で気持ち良く感じる場所や足の角度を探りつつ、腰を指圧する

 

image

image

※片方の足をヒザ上に掛けて、足を組んだ状態で足を倒すとより荷重が掛かるので、より強く指圧される

 

image

image

※両足を上げて足の重みを利用することで、より強い刺激で指圧できる

 

image

image

 

 

■指圧の強さの強弱のポイント整理

 

image

軽め(ヒザ立て)

 

image

やや刺激強い(片足荷重)

 

image

刺激強い(両足荷重)

 

 

■拳の置く位置のポイント整理

 

「腰を中心に、背筋に沿って拳の位置を上下左右にずらすことで、腰痛を引き起こす要因となる筋肉をほぐすことができます」(小沢さん)

 

image

「脊柱起立筋」を刺激する

 

image

「広背筋」を刺激する

 

image

「大臀筋」を刺激する

 

 

 

【協力店舗】

「REFRESH指圧CENTER」

■営業時間:<月~金>10:00~19:00 受付 <土日祝>10:00~18:00 受付

■料金例:指圧マッサージ:60分~/6,000円より(小沢院長は追加料金500円)

■ご予約・お問い合わせ:FLUX CONDITIONINGS・総合受付TEL:03-3780-5553

 

「FLUX CONDITIONINGS」

https://www.flux-conditionings.com

 

image

■住所:東京都渋谷区猿楽町3-7 代官山木下ビル

■TEL:03-3780-5553

■営業時間:<月~木>6:45~22:45 <金>6:45~21:45 <土日祝>7:45~19:45(※休館日:第4金曜)

 

施設名の「FLUX」(フラックス)は「流れ」という意味。「身体中の血液やリンパが正しく流れ、体の軸に沿って“気”がスムースに流れていく状態を作ることで、心身ともに最適なバランスを整える」というフィットネスコンセプトで2015年、代官山に総合スポーツ施設としてオープン。ただ体を鍛えるということではなく、コンディショニングを最優先して、柔軟性や持久力など、パフォーマンスを最大限に高めるすべての要素を組み合わせるという考え方を軸に、トレーニングからボディケアまでをサポートする。同施設は、水泳界の“レジェンド”北島康介さんやクリエイティブディレクターとして多方面で活躍されている佐藤可士和さんなどが名を連ね、トップアスリートや著名人なども多数通っている。同施設内で小沢さんが院長を務めるREFRESH指圧CENTERは、指とヒジを使った指圧・マッサージを提供。アスリートはもちろん、子どもから大人まで個々の身体の特徴に合わせた施術を行なっている。

 

【小沢邦彦院長プロフィール】

株式会社小沢塾代表取締役、リフレッシュ指圧センター小沢指圧治療院院長。(財)日本オリンピック委員会強化医科学スタッフ、(財)日本トレーナー会議副代表。自身も競泳選手経験が長く、五輪、世界選手権、アジア大会に競泳代表のトレーナーとして帯同。現在も競泳選手を主に様々な競技アスリートのボディメンテナンスを行う。

 

関連タグ: