image

image

美尻の大敵は「ポッコリ下っ腹」と「コリかたまった太ももの筋肉」

「下っ腹が出ている人と太ももの筋肉に柔軟性がない人は要注意です。知らず知らずのうちにカッコ悪い後ろ姿になっている可能性があります」

 

そう教えてくれたのは、ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ「hip joint」の代表渡部龍哉トレーナー。

 

人気モデルや芸能人たちがヒップアップと美脚を求めて通うカリスマトレーナーとして、『マツコ会議』などのテレビ番組で紹介される“ヒップアップのスペシャリスト”。5月には「美脚トレーニング」に関する書籍も発売予定の渡部トレーナーは、予約の取れないゴッドハンドとして美尻を求める多くの女性から絶大な支持を集めている。

 

「ポッコリと下っ腹が出てしまうのは、骨盤が後傾した悪い姿勢が原因です。この姿勢は太ももの前側で体重を支えているため、使いすぎで太もももが太くます。

 

また、骨盤の後傾により太ももの裏側の筋肉も硬くなってしまい、お尻の形が崩れるだけでなく、太ももとお尻の境目のない、カッコ悪い姿勢になります。

 

ヒップアップした美尻を手に入れ、キレイな後ろ姿を取り戻すためには、太もも(前後)の筋肉の柔軟性を高めていき、姿勢を正しくすることが最優先事項です」

 

どれだけ食事制限やダイエットをがんばっても、なかなか下っ腹が凹まなかった人やお尻が垂れているように見える人は、もしかすると姿勢の悪さが根本的な原因なのかもしれません。

 

渡部トレーナー曰く、「日本人女性は日常生活で股関節を正しく使っていない場合が多いので、この習慣を改善しつつ、太もも(前後)のストレッチを行うことで、ヒップアップしたキレイな後ろ姿を取り戻すことが可能です」

 

 

<渡部トレーナーが指摘する日常生活のNG姿勢例>

 

「洗面台で手を洗う時に、腰を支点に上体を屈め、中腰で背中が丸まる状態で行う」

 

image

(横から見た様子)

 

image

(後ろから見た様子)

 

※正しい姿勢

股関節から上体を屈曲させている(スクワットの正しい基本姿勢)

 

image

image

 

 

日常生活で、股関節を意識して動いている人は少ないだろう。その結果、「股関節を使わずに腰に負担がかかる動きが多くなることで、猫背になったり、お尻の形が悪くなってしまうんです」と渡部トレーナー。

 

「例えば、洗面台で手を洗う時の姿勢を思い出してください。腰を支点に上体を屈め、背中が丸まった状態で手を洗っている人が多いのではないでしょうか。股関節から上体を前傾するのが本来の正しい動きですが、腰から曲げる動作が染みついている人は要注意です。ボディラインが崩れるだけでなく、腰痛を引き起こす危険性が高まります」 

 

洗面台に向かって手を洗う際、自分の姿を鏡越しにチェックしてください。その姿勢がキレイであれば、美しいボディラインになりますが、背中や腰が丸まっていると、知らず知らずのうちにボディライン崩れてしまいます。いくら食事に気をつけたりヨガに通ったりしても、日常生活で正しい体の使い方をしていなければ美しいボディラインを身につけることは難しい……。

 

「まずは日常生活で正しい動作を心がけるとともに、太ももの柔軟性を高めることが先決」と渡部トレーナーは話す。  

 

ということで今回、ヒップアップのスペシャリストでもある渡部トレーナーに、夏までに美尻とキレイな後ろ姿を手に入れるための簡単ストレッチ&エクササイズを伝授してもらった。 「ヒップアップして美しいボディラインを手に入れるために、まずは太もも(前後)の柔軟性を取り戻すための簡単なストレッチをしてください。このストレッチを1週間、毎日5分続けて、ヒップアップエクササイズを効果的にする土台作りから始めましょう」 

 

夏までに美尻になるための、まずは第一歩として、渡部トレーナー直伝の簡単ストレッチをぜひ試してみよう!

 

夏までに美尻になる!簡単ヒップアップ
1週目チャレンジ <スパイダーストレッチ>

1)四つん這いの姿勢になり、手を肩より少し前につく

2)右ヒザを曲げ、土踏まずを右手の横につける

 

image

3)右ヒザと右足のつま先を少し外に向ける

※足の内側が少し浮く程度

 

image

<NG(1)>

ヒザがつま先より内側に入りやすいので注意

 

image

<NG(2)>

ヒザと足首を外側に倒しますが、足首だけになりやすいので注意

※靴を履いて行うと特になりやすい

★ヒザとつま先を同じ方向に向けることを意識する

 

image

4)この姿勢で10秒キープする

※股関節とお尻の筋肉が伸びている状態を意識

 

image

5)ゆっくりと息を吐きながら、股関節を折りたたむように、お尻を後ろに向かって下げる

6)この姿勢で10秒キープする

※太ももの裏側の筋肉が伸ばされる

 

image

<NG(3)>

お尻を後ろに下げた時に、出来るだけ姿勢は良い状態で行いましょう

 

image

7)息を吐きながらゆっくりと上体を起こし、背中は伸ばしたまま右手で左足のつま先をつかむ

8)左足の太ももの前側を伸ばした状態で10秒キープする

※左足のつま先を右手でつかめない場合は、無理しなくてもOK

 

image

<NG(4)>

背中が丸まずに出来ると、よりストレッチを感じやすい

 

image

 

 

【協力店舗】

「hip joint」

http://hipjoint.tokyo/

 

■住所:東京都渋谷区上原1-32-5 ロイヤルテラス403

■TEL:03-6407-1869

■営業時間:<月~金>10:00~22:30(最終受付20:30)<土日祝>10:00~18:30(最終受付17:30)

■料金例(パーソナル会員コース)

1回(60分)12,000 円/月額会員(60分×月4回)38,000 円

※現在、渡部龍哉トレーナーによるトレーニングは募集無し

 

image

「ヒップアップすることで、美しい姿勢になり、若さを保つ」ためのヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ「hip joint」。一人ひとりの姿勢やお尻を4タイプに選別し、その方に合ったオーダーメイドのヒップアッププログラムを提供しているのが特徴。高性能姿勢分析機により「姿勢」「骨盤の歪み」「筋肉のバランス」を計測するだけでなく、これまで2,000人以上の姿勢矯正を行った実績を持つ「身体のスペシャリスト」たちが、肩甲骨や骨盤をチェックし、身体の歪みや日常生活でついた悪い身体のクセを矯正。その方に合わせた「オーダーメイドトレーニング」をマンツーマンで指導していくため、原因を根本から改善し、現状を理想像に変えていく。キレイな姿勢とヒップアップした“美尻”になりたい人のためのパーソナルトレーニングスタジオ。

 

<新店舗オープン>

「hip joint和歌山店」(和歌山県和歌山市和歌浦南3-9-1 ブラックウッドFSビル3F)が6月1日オープン予定。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

 

関連タグ: