image

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(68)が、本誌読者からの相談に答える!

 

【Q】「昔から太川陽介さんのファンです。蛭子さんと一緒にやっている『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で、太川さんが再ブレークしているのがうれしいです。お近づきになりたいのですが、アドバイスをしてください」(マッキーさん・54・主婦・富山県)

 

【A】「太川さんが考えたゲーム、ドボチョコリンはつまらない」(蛭子能収)

 

あたかも、オレが太川さんをブレークさせたように書いていますが、彼は、そう思われることを、すごく嫌う人です。元アイドルだから、プライドがとてもあるんですよ。これでは太川さんに絶対に好かれませんね。

 

『路線バス〜』は、太川さんの番組だし、オレは彼に付いていくだけ。すごい親分かたぎですが、とても気配りをする人なんです。旅先のご当地ものって、魚がほとんどですよね。苦手なオレはカレー屋とんカツを注文するんですが、太川さんはご当地ものを食べるんですから。

 

あと、旅先で「ドボチョコリン」というトランプをやるんです。太川さんが考えた、最後に「ドボチョコリン!」と言う、すごくつまらないゲームなんですが、たいてい太川さんが勝つんです。あの人、どんなゲームでも、子どもみたいに真剣になるんです。アナタも「ドボチョコリン」で、太川さんを負かすくらい腕を磨いたら、振り向いてくれるかもしれませんよ。ただ、どんなルールだったか、オレはまったく覚えていませんけど……。

【『蛭子能収のゆるゆる人生相談』たちまち4刷&電子書籍化!】

image

建前だらけの世の中に、疲れ果てたらこの1冊! 当コラムをまとめた“きれいごと、ゼロ”の単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)好評発売中です。

詳しくは特設ページを。http://goo.gl/0A4DjB