image

9月に電力“完全”自給生活一周年を迎えたので、これを記念して我が家でオフグリッドセミナー&見学会を開催しました!

オフグリッド生活についてのトーク、ソーラークッカー実演、電力自給システムや畑のご紹介の三本立ての内容で、大人子ども含めて12名の方々に、2時間お付き合いいただきました。

 

家の前に到着した皆さんは、「本当だ!電線がお家と繋がっていない!」、と驚きのご様子(笑)

image

まずはお家に入る前に、ソーラークッカーをご紹介。

image

カットしたサツマイモを入れて、トーク終了時に美味しいホクホクの蒸かし芋ができていることを楽しみにしていただきます。

 

一ヶ月3000円の電氣料金で暮らす節電テクニックも伝授。

それではお部屋に移って、スライドを使ってトークをスタート!

image

まず、オフグリッドとはどういう意味なのかについてお話します。

「オフ=切る グリッド=送電網」ですので、電力会社に頼らない電力自給的生活のことを指しますが、大きな意味で捉えると、知らず知らずのうちに依存していたものから自立していくことでもあります。

地球や自然や人々や自分自身を苦しめる悪い関係を切って、良い関係と繋がり直したり、自ら生みだしたりすることで、オルタナティブに生きることを意味することをお伝えしました。

 

そして、電力自給システムを支える四種の神器について夫が説明。

image

(詳しくは、第5灯 オフグリッド生活を支えて、保険も入れる太陽光パネル をお読みください)

 

一ヶ月3,000円の電氣料金で暮らす節電テクニックも伝授。

311の原発事故以降、わたしたちがマンション暮らしで培ったノウハウをお伝えします。

(詳しくは、第9灯 電氣料金を減らす節電・節約テクニックを伝授します! をお読みください)

この少ない電氣料金ですと、一日3kWh・一ヶ月100kWhほどとなるのですが、この数字はオフグリッド生活ができる一つの目安。

なるほどウンウン!と頷きメモをされながら、真剣な眼差しで聴いてくださいました。

image

最後にQ&Aでトークを〆。

みなさん積極的に質問をしてくださいました!

話は尽きず盛り上がり、分かち合いの場ともなってよい時間となりました♪

 

きづくと時間はあっという間に過ぎていて、トークが予定より30分以上オーバー!

これはソーラークッカーの蒸かし芋が心配…。

慌てて皆さんに外に移動していただき、おイモを召し上がっていただくことに。

蓋の穴から湯気が出ているのですが、その湯気に焦げくさい匂いも混ざっています。

これはまさか、初めての失敗?!

おそるおそる蓋を開けて器に傾けると、コロコロと乾いた音を立てておイモたちが出てきました。

image

明らかに熱しすぎてしまいました(汗)

しかし怪我の功名でしょうか、この乾いた感じがおさつチップスと芋けんぴを足して二で割ったような独特の食感を生みだすことに!

ソーラークッカー特有の素材の旨みと甘味を引き出すところは変わらないので、かなり美味しい!

これは新しい発見となりました!

image

みなさんもポリポリ召し上がりながら、「美味し~い!」「甘~い!」「本当にこの中に入れてお日さまに当てただけですか?!」と嬉しい反応がたくさん♪

あっという間になくなってしまいました!

 

最後は物置に設置してあるバッテリー、充電コントローラー、インバーターを実際に見ていただき、菜園のお野菜や栽培方法をご紹介しておしまい。

image

image

後日、参加してくださった方が、facebookやブログやメールで感想をくださいましたので、この場を借りてご紹介させてください♪

 

「これがスタンダードになる未来を想像したら、お日様と同じような明るい気持ちになります」

●Aさん

「脱原発=原始生活・・・くらい思っていたので、人間ギャートルズ生活を見学に行く勢いでした(笑)
ホームシアターもある現代生活に、良い意味で裏切られました!
原発がなければ今の生活が出来ない!と思わされている刷り込みに気づきました。
娘もわたしもソーラークッカーをえらく気に入ったので、まずはここからお天道様の恵を感じるオフグリット生活に近付けていこうと思います。ワクワクのトライの始まりです♪」

 

●Bさん

「実際に見に行って、お話を伺っていたら、ちょっとした意識転換と知識の習得で誰にでも実現可能な生活だと思えました。
これがスタンダードになる未来を想像したら、お日様と同じような明るい気持ちになります。
我が家はマンションなので、まずはエネルギーを無駄にしない更なる節電、節ガス生活の実践。
次に、マンションの出窓でもできるソーラーパネルによる自家発電やソーラークッカーの活用に挑戦したいと思います。」

 

●Cさん

「家に帰って電氣明細表を見てみたら、チカさん家の電力量の倍近くあってビックリ!
自分たちの電氣の無駄遣いが、原発を再稼働させる口実をつくらせてしまっている認識を新たにして、そうさせないためにも一人ひとりの努力が大切だと思いました。
できるところからということで、プラグを抜いたり、給湯パネルをオフにしたりと、さっそく始めました!」

 

たった二時間のセミナーで、こんなにもたくさんの気づきを得られて、さっそく実践に取り掛かるみなさんの変化に感激!

そんなお姿からわたしの方がパワーをいただきますし、志高い方々と仲間になれることが嬉しくてたまりません♪

オフグリッド生活を始めて一年経ちますが、送電網という一つの繋がりを切ったことで、逆に良い繋がりやご縁をたくさんもらえるようになったことを実感しています。

ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました!

image