その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(27)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【先輩芸人の魚拓ならぬ“霊拓”を見ました】

 

僕の先輩芸人に、そんなに売れてるわけじゃないのに、女性からの人気がものすごい人がいます。身長180センチのイケメンなので、芸人というよりはアイドル的な存在みたいなんですよね。

 

モテるから仕方がないのかもしれませんが、ちょっと女遊びが激しくて。いつも、恨みを持った女性の生き霊を、たくさん引き連れて歩いています。

 

一度、本人に伝えたことがあるんですが「マジかよ!」とゲラゲラ笑うだけで。「あ、この人、ダメな人だ」と思いましたね(笑)。

 

それが、この間久しぶりに会ってみたら、生き霊を連れているどころか、その人の霊体が真っ黒になっていたんです。

 

そんなの初めて見るので、めちゃくちゃびっくりして。思わず「墨塗ったみたいに真っ黒ですよ!」と叫んでしまいました。それを聞いた先輩は、また「マジかよ!」とゲラゲラ笑うだけでしたが。

 

僕の推測ですが、生き霊たちの恨みが強すぎて、霊体にも影響が出ちゃったんじゃないかと。

 

そのあと一緒に歩いてたら、先輩がたまたま壁にぶつかったんです。そしたら、霊体の黒い色が一瞬壁に移って。魚拓ならぬ“霊拓”がくっきり残っていました(笑)。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!