沢尻エリカが6年ぶり主演映画はイケメン俳優が“飼い猫”に
(C)2018「猫は抱くもの」制作委員会

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。沢尻エリカが『ヘルタースケルター』以来、6年ぶりの映画主演を果たした『猫は抱くもの』。猫のかわいさと、イケメンの美しさを同時に堪能できる本作がBlu-ray&DVDになりました。

 

■『猫は抱くもの』Blu-rayスペシャル・エディション〈初回生産限定〉6,264円、Blu-ray5,184円、DVD4,104円(すべて税込み)。発売元:株式会社キノフィルムズ/木下グループ、販売元:ポニーキャニオン

 

主人公は元アイドルで現在はスーパーのレジ係で生計を立てている33歳の沙織。過去の栄光を引きずるほど脚光はあびなかったけれど、レジを打っていると元ファンに気づかれる程度には活躍していて、日常生活で不便さを感じています。

 

地味で孤独な生活のなかで、猫の良男だけが心の癒し。良男は沙織から日々の出来事や愚痴を聞かされていくうちに、自分が人間で、沙織の恋人だと思い込むようになってしまうのです。

 

良男の擬人化を演じるのは、若手人気俳優の吉沢亮。イケメンなロシアンブルーを、イケメンが演じることのミラクル! ほか、銀杏BOYSの峯田和伸が画家役で、その飼い猫の擬人化が水曜日のカンパネラのコムアイと、ミュージシャンチームも息の合った演技を見せています。

 

猫好きにはたまらない猫のかわいさ満載シーンもありつつ、元アイドルの悲哀、そこにファンタジー要素が加わった、不思議で温かい作品です。

 

撮影後、沢尻はロシアンブルーの良男を飼い猫に迎え入れたそう。映画を地でいくようなこのエピソードも踏まえて見ると、さらに心が温まることでしょう。

関連カテゴリー: