無理に卒母しないで!仏式・母子同居のススメ(JINSEIのスパイス!第28回)

【今週の悩めるマダム】

最近“卒母”が話題になっていますが、私はなかなか子離れができません。息子は今年30歳と33歳の独身で、2人ともずっと実家暮らしです。20代のころは「結婚でもして早く出ていきなさい」と言っていましたが、今ではもう諦めてしまっています。このままでいいのでしょうか?(愛知県在住・50代主婦)

 

卒母かぁ、面白い言葉ですね。卒父になるのはいつのことだろう、と僕も思わず考えてしまいました。なんとなくですけど、うちの息子も35歳くらいまで自宅にいるのじゃないかな、と思う今日このごろです。早く結婚するかもしれないですけど、しない可能性もあるんです。かなりシャイな子ですし、意外とモテるんですけど、家好きというか。離婚後、帰る場所をすごく大事にする子に育ってしまいました。息子は僕がキッチンで料理をしていると安心するみたい。用もないのにやってきて、学校のことや、ガールフレンドのことを1時間くらい話してきます。最近、可愛いガールフレンドができたのですが、ネットでばかり繋がってほとんど外でデートをしません。彼らにとってネットは外と一緒なのかな。そして、僕と2人きりの生活が長かったからか、本当に家から出ないんです。まあ、こればっかりは相手次第でしょうね。結婚相手が見つかれば、当然、僕のようなオヤジと暮らしたいフランス人女性はいませんから、さっさと出ていくでしょうし。それはそれできっと寂しいと思います。

 

僕にも相手がいれば寂しくないでしょうから、卒父するまでには恋人というか、一緒に生きてくれるパートナーを探さなきゃとは思っています。今は息子を支えることで人生をなんとか維持できていますが、巣立つ時にひとりだと暗くなりそうです。生きる目標がなくなると人間早いというので、気を付けなきゃ。寄り添ってくれる人がほしい、と自分勝手な願望は持っています。老後の孤独を思うとね。でも、女性は介護人じゃないですから、年寄りの面倒なんか見たくないでしょうし、僕も誰かを支えていく自信も力ももうありません。今はひとりが気楽でいいし、大事な息子もいるし……。

 

こういうことを考えていたら、奥様の場合、第三者がなんというかわかりませんけど、うらやましいケースだと思います。30歳と33歳の息子さんたちがまだ家にいるというのはちっとも問題じゃないですよ。いつまでも家族4人で仲良くしていればいいんです。無理に卒母する必要があるのでしょうか?

 

そういえば娘さん2人と一緒に暮らすシングルマザーの大学時代の同級生がいます。美人の娘さんは2人とも30代半ばですけど、実家を出ていく気配すらありませんよ(笑)。フランスも結婚しない人が増えていて親と同居している人が周りに結構います。僕の知り合いで3組もいます。なので、今の時代はそれも当たり前になってきました。30歳、33歳の息子さんのそばで生きることができるのだから、僕からするとうらやましいかぎりです。もう2人とも立派な社会人ですから、彼らの将来は彼らが決めることかと思います。

 

はい、僕からは以上となります。

 

【JINSEIの格言】

うちの83歳の母は56歳の弟と2人暮らしです。うちの15歳の息子を夏の間預かってくれるのでその時だけ3人家族になります。僕の母は幸せだと思います。息子と孫が一緒ですから。

 

この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。

 

以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピを毎週火曜日に更新中!

関連カテゴリー:
関連タグ: