『古事記』の神々48柱がメッセージをくれる「日本の神様カード」

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今週はスピリチュアルな友人から勧められた「日本の神様カード」を初体験しました!

 

■「日本の神様カード」3,240円(税込み)。著/大野小百合・監修/三橋健(神道学博士)・イラスト/Denali・発行/(株)ヴィジョナリー・カンパニー

 

『古事記』に出てくる代表的な神々48柱から、メッセージをいただけるこのカード。まずは一枚一枚手に取って神様たちにご挨拶をします。そして深呼吸を3回、心を落ち着かせ、カードをめくります。何枚でもいいのですが、今回は2枚めくって、現状とアドバイスをいただきます。

 

1枚目のカードが現状を表します。めくると、神の言葉を伝える存在「事代主神」が出ました。にこやかな笑顔で「焦りは真理からあなたの目をそらさせます。旅はいつか終わりが来ます」とのこと。

 

2枚目はアドバイス。「天之御中主神」という宇宙の中心に存在する根源の神でした。天使の羽をつけた大輪の花が「そんな小さい場所に居て息苦しくないのですか、そこから飛び出しなさい。恐れは無用です」とおっしゃっています。安心して未知なるものへチャレンジしなさい、とも。

 

もしかしてこれは、人生初の胃カメラ挑戦にビビッている私への助言なのでしょうか! ビビる必要はない、と。さすが、神様はお見通しですね。家族や友人、大切な人と占っても楽しいこと間違いなしのカードでした。

関連カテゴリー: